(1)新規クエリに[T_受注]テーブルを追加する。

) を選択します。, 集計関数項目の上にマウスポインターを移動します (たとえば、 UnitPrice の集計)。, 集計関数のドロップダウンから、集計関数を 1 つ以上選びます。 たとえば、[Sum] や [Average] などです。, これにより、新しい集計列がテーブルに追加されます。 新しい列名はの形式になります。, たとえば、Sum of Order_Details.UnitPriceやAverage of Order_Details.UnitPriceなどです。, このクイックスタートの例では、ノースウィンドの [受注] テーブルからOrder_Details列を集計します。, 注: このクイック スタートでは、Northwind Open Data Protocol (OData) フィードを使用します。 OData フィードは、web 上でデータを公開するための統一された方法です。 ウェブ ページと同じように、OData フィードは url でアクセスを行います。, POWER QUERY のリボン タブで、[その他のソース]、[OData フィードから] の順にクリックします。, [OData フィード] ダイアログ ボックスで、Northwind OData フィードの URL を入力します。, [ナビゲーター] ウィンドウで、Orders テーブルをダブルクリックするか、Orders をクリックしてから [クエリの編集] をクリックします。, [クエリエディター ] ダイアログボックスで、右にスクロールし、[ Order_Details ] 列の横にある展開アイコン ( エクセル2010基本講座:集計(小計)の使い方 .

データリスト内のセルを選択して(または、データリストを選択して)、[データ]タブの[小計]を実行します。 「集計行をデータの下に挿入する」のチェックを外します。 各グループの先頭に集計行が挿入されました。 (2)[担当者]フィールドと[金額]フィールドを追加する。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。. 予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます, 注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。 ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。, Power Queryは、Excel 用のセルフサービスビジネスインテリジェンス (BI) を強化し、リレーショナル、構造化/半構造化、OData、Web、Hadoop など、さまざまなソースのデータを検出、結合、絞り込みを実現します。, クエリエディターを使用すると、リンクテーブルの1つ以上の列を集計することができます。 たとえば、各注文の受注明細の合計を集計できます。, クエリエディターで、関連テーブルのリンクが含まれる列ヘッダーの展開アイコン (

クエリのデザインビューで、再度[デザイン]タブの[集計]ボタンをクリックすると、[集計]行が非表示になり、集計が解除されます。. 次の手順を実行します。 クエリエディターで、関連テーブルのリンクが含まれる列ヘッダーの展開アイコン ( ) を選択します。 [テーブルのリンク] 列のドロップダウンで、次の操作を行います。 [集計] オプションをクリックします。 ) をクリックします。, [UnitPrice の合計] にカーソルを置いて、集計関数のドロップ ダウンをクリックします。, [合計] と [平均] を選択します。 [UnitPrice の合計] ラベルが [UnitPrice の集計] に変わります。, Power Query では、[ Order_Details ] 列が展開され、"単価" と "単価" の合計が列で置き換えられます。, 注:   → 未入力を無視して、「済」が入力されているデータだけをカウントするために、[入金]フィールドを選ぶ。, 例えば、「宮田」さんの場合、受注回数は「3」、入金済件数は「2」とカウントされます(図8)。, 図8 「宮田」さんの[受注ID]をカウントすると「3」、[入金]をカウントすると「2」になる。, 集計方法に[最大]と[最後]がありますが、この2つを混同しないように注意しましょう(図9)。, 図9 「宮田」さんの[納品日]の[最大]は「2017/8/10」、[納品日]の[最後]は「2017/8/8」。. (3)[デザイン]タブの[集計]ボタンをクリックする。, すると、クエリのデザイングリッドに新たに[集計]行が追加されるので、[担当者]フィールドで[グループ化]、[金額]フィールドで[合計]を選択します(図3)。, 図3 [担当者]フィールドで[グループ化]、[金額]フィールドで[合計]を選択する。, このクエリを実行すると、図4のように担当者ごとにグループ集計が行われます。集計対象のフィールドでは、フィールド名が自動で「金額の合計」のような名称に変わります。, 集計対象のフィールドのフィールド名を自分で決めたい場合は、クエリのデザインビューで「合計金額: 金額」のように指定してください(図5)。, [集計]行では、[合計]のほかにも[平均][カウント][最大][最小][先頭][最後]など、さまざまな集計方法を選択できます。データ分析の目的に応じて使い分けましょう。, を求めています。[カウント][最大][最後]については、このあと詳しく説明します。, ・「受注回数」を知りたい 集計行を上に挿入する Topへ. パソコン系の書籍や雑誌記事を執筆しているフリーのテクニカルライターです。. 列を集計する.

 → 確実に取りこぼしなく受注データ数(レコード数)をカウントするために、必ずデータが入力されている主キーの[受注ID]フィールドを選ぶ。, ・「入金済み」の件数を知りたい テーブルに蓄積したデータから傾向を読み取るには、集計が欠かせません。ここでは、クエリを使った集計の操作方法や考え方を説明します。, クエリには、特定のフィールドを「グループ化」してグループごとにデータを集計する「グループ集計」の機能があります。, ここでは、[T_受注]テーブルをもとに(図1a)、担当者別に受注金額を集計するケースを考えてみましょう。[担当者]をグループ化すると、[T_受注]テーブルの7件のレコードが「宮田」「五十嵐」「木下」の3つにグループ分けされ、グループごとに金額が集計されます(図1b)。, 図1a 担当者別グループ集計のイメージ。例えば、「宮田」さんの場合、3件のレコードの金額「500,000」「800,000」「200,000」が合計される。, 実際に、クエリでグループ集計をしてみましょう。まず、新規クエリに[T_受注]テーブルを追加して、グループ化の対象となる[担当者]フィールドと集計の対象となる[金額]フィールドを追加します(図2)。ここまでは、一般的なクエリの作成方法と同じです。続いて、[デザイン]タブの[集計]ボタンをクリックします。, 図2 スポンサードリンク: データの集計(小計) 集計の解除: 集計データのコピー: 集計 topへ. エクセル(Excel)の使い方/データベース・データ集計 この記事では、「集計」機能の操作方法を解説しています。 データの小計を計算して、データの内訳を確認するときなどに便利なこの機能。 Copyright© Officeのチカラ , 2020 All Rights Reserved. クエリには、特定のフィールドを「グループ化」してグループごとにデータを集計する「グループ集計」の機能があります。 ここでは、[T_受注]テーブルをもとに(図1a)、担当者別に受注金額を集計するケースを考えてみましょう。[担当者]をグループ化すると、[T_受注]テーブルの7件のレコードが「宮田」「五十嵐」「木下」の3つにグループ分けされ、グループごとに金額が集計されます(図1b)。 [Access 2016/2013/2010/2007] 本記事では、図1aのような[T_顧客]テーブルの[生年月日]フィールドのデータをもとに、「20~29歳は○人」「30~39歳は○人」という具合 ... [Access 2016/2013/2010/2007] 本記事では、図1のような[Q_受注明細]クエリの[単価]フィールドを1000円幅の価格帯に分類して[数量]フィールドを合計し、価格帯ごとの売上 ... [Access 2016/2013/2010/2007] 月や年、四半期など、一定の期間でグループ化して集計したいことがあります。この記事では、図1の[Q_受注明細]クエリのレコードを、月ごとにグルー ... [Access 2016/2013/2010/2007] 「○年○月○日~○年○月○日」などと期間を限定してデータを取り出し、集計したいことがあります。ここでは、データを抽出して集計する方法を解説しま ... きたみ あきこ