大好きな歌手が目の前で歌ってくれます。 どうぞよろしくお願い致します。 テスター初心者の私でも難なく分かる回答をよろしくお願い致します。, 質問はタイトルの通りですが、 このコンセント(オス)を壁のコンセント(メス)に差す際、極性が気になっています。 コンセントプラグ 極性 見分け方 電源の極性 一般家庭の壁コンセントは、右の写真のように、長さの異なる孔がペアとなっていて、通常、長い孔が向かって左側にくるよう取り付けられていますが、実は、100vの交流は右側の短い孔に流れていて、左側の長い孔には流れていません。 アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。 疑問が出ましたのでご存知の方教えてください。 >関係ある家電品ってあるんですか。見たことがないです。    海外規格認定品 http://www.fujielectric.co.jp/kiki/product/index2.html これを称して 左から見れば 真ん中も右, 通信機器(ルーター等)の電源と接地について困っています。 (良い子の皆さんは決してマネをしないように。) ちなみに、私がしたことは以下の通りです。 +1.5Vの表記になる。 赤いテスタリードあてた線がプラスです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 極がわかりません 表面実装のイヤホンジャックを手持ちのイヤホンと接続して使おうと思ったのですが、極が. しました。 その、「他の電気製品」も繋がっているブレーカーのコンセントに、 すると、「拘り派」の勢力よりも、「お手軽派」の勢力の方が、圧倒的に大きくなり、 そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね? 引込線の電源線を通して受電した電源も、負荷機器で全て消費できるわけではないので、中性線を介して柱上変圧器に戻して、大地に逃がされているわけです。 A線…被覆ビニールが一番外側のみ XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。, >> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない // ご質問者様は、お幾つでしょう? 1次側に6600Vを使用する変圧器は、内部コイルの損傷の際の漏電対策として、外側ケースは中性線と結束されて共同接地されています。 出...続きを読む, 職場で分電盤からきている直流電源電圧の測定をしたのですが、 その通りです。 バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。 お手軽派には、いま以上の感動が有る事への、興味が湧きません。 一方で、じっくりと聞いた時の感動は望めなく成りました。 反対に振れたなら(表示外)赤テスターリード側がマイナスになります。 ご質問者様は、お幾つでしょう? ちなみに一番近かったのがこの「安全とノイズのお勉強部屋」 よっぽどの方でなければね。 いつしか、オーディオの常識であるこんな事も、忘れられる様に成りました。 ここまでは問題ありませんでしょうか? 2.マイナス電圧の場合 (PDFファイル「■選定に際してのご注意」) 白い線のあるコードに黒棒、そして、その逆の方の線に赤棒を当てた時にピー音は鳴りました。 いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。 テスターで電圧を測定するのが確実です。ハンダ付け工作を行うなら、安物でもいいのでテスターを買っておいた方がいいでしょう 機器(負荷)だけが接地され、地面につながっていても、万が一、漏電が起こったときに電流の逃げる道(Nに戻る道)がないため、人体に電気が流れてしまい、危険な状態となってしまいます。普通は、人体より地面のほうが抵抗が小さいので、人間はほとんど感電せずにすみます。, (1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。 電話機側のコネクタ(本体側の穴)が「ジャック」 http://www.mirai.co.jp/densetu/juutakuyou.html その通り、極性です。 >関係ある家電品ってあるんですか。見たことがないです。 小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。 下記で皆さんが答えていらっしゃる様な事は実際にはなさらないようにして下さい。 一般家電製品では、そうでしょう。 5、ちなみに商品名はJBLのエンカウンターというアンプ内蔵のアクティブスピーカーです。   テスターでそれぞれの通電量を量るやり方はネットで調べて知っているのですが バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。 ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。 ピュア・オーディオの装置を繋ぎますと、これまた音が悪くなると、言われたり 黒色(プラス)側の電圧を基準とするため、そこから赤色(マイナス側)の電圧は1.5V低いので-1.5Vの表記になる。 なお、回答内容を問わず、レスポンスは致しますし、 その通りです。 感電や火災の恐れもありますし、第一普通はELB、漏電遮断器が働いてたちまち停電します。 コンセントのプラグを差し込むところの差し込み口を 刃受 といい、. かなり曖昧な知識しか持ち合わせていない為、根本的に勘違いしているかもしれません。 もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む, 最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、 お手間をおかけしまして申し訳ありません。 一般家庭に引き込まれている電線のうちの1線はあくまで中性線であり、接地線とはなり得ません。    (PDF)付録(165KB) のめり込むと、接続コードやスピーカー・ケーブルは基より、電源の質や (3)ほぼ、(2)と同じ回答になるかと思います。 黒色のリード棒を分電盤のコネクタ(青色のケーブル、つまりマイナス側)へ接続しました。 原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。 ですから素人が保護具無しで、その辺で売っているような安物のデジタルカードテスターのリード棒を、コンセントの穴に挿すような事は大変危険ですのでやめて下さい。 プラス・マイナスを無視しては、やっぱりダメなんですねw (この質問が今後、多くのACアダプター改造初心者の方達の一助になればと思います。) 感動を求める者は、お手軽さには抵抗が有ります。 こんにちは よろしくお願いいたします。アクティブスピーカーの電源はacアダプターなのですが、このコンセント(オス)を壁のコンセント(メス)に差す際、極性が気になっています。下記について教えて下さい。1、そもそも、acアダプタ よっぽどの方でなければね。 オーケストラでは指揮者の汗や、ソリストの感情までもが、手に取れます。 普段何気なく挿し込んでいる壁のコンセント、向きをひっくり返すだけで「いい音」になるかも…おカネも工具も必要ナシ!コンセントの仕組みと極性、アースについて解説します。 バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。, >> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない // 出来ればマーク画像とその読み方と意味が明記してあるところで。 出力:DC 7.5V 400mA 教えて頂けませんでしょうか? ネットでいくら調べても、明確な回答が得られませんでしたので、 赤いリードをあてた線がマイナス極となります。 その通り、極性です。 例として乾電池の測定の場合 例として乾電池の測定の場合 ある機器に、この、「コードを切断した状態のACアダプタ」をつないでみたところ、 なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。 その様な願いを叶えるべく、ピュア・オーディオという世界が生まれました。 柱上で接地されているとはいえ、保安アース等でもありません。 バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ホームセンターでも2000円弱で売ってると思います。 ----- そのことから、中性線は0Vではありません。 アナログテスタの場合。(レンジはアダプター表示より大きいレンジを選んで下さい) もし、その大好きな歌手のコンサートに何時でも出掛けられるとしたら? 1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。 1.デジタルテスターの計り方について 一般家電製品では、そうでしょう。  「タッチコントロールがうまく作動しないときはコンセントの差し込む向きを変えてみて下さい。」 つまりはちゃんとアースさせれば機器類は安定動作します。 清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。 漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。 (これはACアダプタに限らず、電源コンセントとかヘッドホン端子とかでも同じで、基本的に、挿す方が「プラグ」で、挿される穴の方が「ジャック」。), パソコンのACアダプターが断線していないか調べるために --- 「CE」マークや「UL」「FCC」マークなど(有名どころ?)はネットで テスターを、どう使えば、ACアダプタの極性は調べられますでしょうか? N側に入れても、電流はLとNに同じだけ流れるので、問題ないと思うのですが。 3、このアクティブスピーカーはタッチコントロールによって音量を変える機能がありますが、 したがって、EをNの代わりに使うことはできません。 ハイエンド機でなければあまり気にしなくて良いとは思いますが、向学のため と思っていたのですが、結果は+47Vの表記でした。 内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。 販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。 でも実際は出掛けられません。 デジタルのテスターを購入したのですが使い方がいまいちわかりません、 ちょっと専門すぎて私には理解できませんが、 マイナスの電圧なので、分電盤のコネクタの青色のケーブル側に電圧がかかっています。 従って、身近にテスターを使える人がいたら実践を交えて直接教えてもらったほうが「百聞は一見に如かず」で理解出来るはずです。, こんにちは。  もう一方はボリュームプラスで、同時タッチの場合、音量ミュートになります。  これを利用して調べることは可能でしょうか。 ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。  ですので、やはりコンセントの向きに極性があると思うのですが如何でしょうか。 一般家電製品はそのほとんどがエネルギー変換効率100%に遠く及ばないのです。 もし、その大好きな歌手のコンサートに何時でも出掛けられるとしたら? まず、分電盤からきている電圧は-47Vが正解とのことです。(電話関連の仕事) 単純に気的に、こちらがグラウンド側ですよ、と言う表示の為だけです。 コンセントの2つ穴、実は「方向」があるんです!今回は、その「違い」、検電ドライバーで「正しい向き」を確実に知る方法、画質や音質を向上させる接続方法をご紹介します。 申し訳ありませんが、ご指摘などお待ちしております。, 職場で分電盤からきている直流電源電圧の測定をしたのですが、 どうも、これだけでは極性を見極める上での根拠にはならないようなので、 入力:AC 100V 50-60Hz 7VA 針が表示方向に振れれば赤テスターリード側がプラスとなります。 (赤×青、赤×緑(GND)、青×緑(GND)と色々計って、青側に電圧かかってるの確認しました) 今回、私が使ったACアダプタの場合、 そして、全ての装置の極性を揃える必要が有りましたから、 (2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげます...続きを読む, こんにちは~♪mi_ppiです。 黒色(マイナス)側の電圧を基準として、そこから赤色(プラス)側の電圧が1.5V 高いので まるで漫画の世界のように、機器からは煙が上り、私は焦ってしまいました。(汗) 説明しているサイトを見付けたのですが、その他意味不明なマークが (2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげますが、ここには電気が流れる経路がないからです。もし、ここに電気が流れてしまうことがあれば、それは漏電という事故になります。 変圧器の接続されている低圧配電線には電圧線と中性線があり、中性線は大地に接地されております。 ご回答のいただいた中で「それぞれの機器のコンセントの接地側と電圧側を一致させないと、ノイズの原因」とありますが、私の知りたいのは正にそのことです。 >赤色のリード棒を分電盤のコネクタ(赤色のケーブル、つまりプラス側)へ、 本当に正しく接地されているのか確かめる方法はありませんか? 電流は、Lから機器をとおり、Nの線から戻るので安全ですが、電流がLからEに流れてしまうと、人体や機器のケース、建物など、流れてはいけないところに電流が流れることになるので、感電や火災などの事故になり危険になります。 この機器はアースが正しくとられていないと動作が不安定になるので http://www.kohnan-eshop.com/default.php/cPath/7_15 プラグの刃が左右で長さが同じでも、片方の刃の方に目印、または電源コードの片方にラインがある機器があります。このような機器では、目印やラインがある方を、コンセントのアース側に合わせて差し込む方が良い機器です。  と取扱説明書に記載されていた様に記憶しています。  残念ながら取扱説明書が紛失してありません。 テスターを、どう使えば、ACアダプタの極性は調べられますでしょうか? ★私のテスター使用歴は「数時間程度」ですので、 1.デジタルテスターの計り方について でも、向うがこちらに来て歌ってくれるとしたら? 勿論、そのオーディオの為に極性が示されている訳では有りません。 やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?