XXIO9 miyazakiからのリシャフトですが、安定性はmiyazaki の方が良いです。 "軽快さ"をテーマに開発。「オレンジ エボ」で採用した「MCT」、 90tカーボンシート、東レ株式会社のトレカ「T1100G」を継承しながら、「青エボ」以上の弾き感を追求。最先端の技術、素材を用い、中間部を太径化したことで、先中調子らしい 弾き感を得ながらも過敏な動きを抑制し、安定感のあるモデルに仕上げた。, EVO2でドローを打っていましたが、EVO3の569(ヘッドはEPIC STAR)に変えてラウンドしたところドフックまたはチーピンが13回中9回も出てしまい、すぐに元のクラブに戻しました。 しなり戻りが早いのでとても合わせやすい。 高過ぎず低すぎずです。, エボリューションシリーズを代々使ってきましたが、私の中では非常に良いシャフトでした。 いろいろな意見があると思いますが、私的感想です。 この記事ではプロギア 02アイアンの計測データにフォーカスをあ …, ブリヂストンの2020年モデルの中からマッスルバックタイプであるTOUR B 200MBアイアンを試打しました 「スピーダーエボリューション」といえば、プロを中心に“飛ぶ”という口コミが広がってヒットしたシリーズ。 その4代目が試打できると聞いて、70グラム代の「757」から40グラム台の「474」まで、様々なスペックをじっくりと試打してきました。 ■弾道高さ 打感が適度に柔らかく、カバーの硬さと相まって非常にしっくりくる打感です。ボルビックのハイエンドツアーボールであるS4は4層構造のウレタンカバーボール。飛距離もスピンも欲しい欲張りな方におススメ。, 3位は大逆転のキャロウェイクロムソフト。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ゴルフメーカーとゴルフショップで働いた経験を元にゴルフギアをわかりやすく紹介しています。ベストスコアは70, https://www.masa-golf.xyz/wp-content/uploads/2019/08/freefont_logo_taroko.jpg, どうもまさです。 今回で本間ゴルフ「VIZARD」シャフト試打インプレッションが3本目になります。 3本目は「EX-C」でご …, マーベリックとサブゼロは試打して記事にもしていたのですが、2020年4月3日に発売になった、「マーベリックMAXドライバー」がやっぱり気 …, ヤマハ2020年モデルアイアンであるインプレスUD+2(2021)の試打を行いました posted with カエレバ 楽天市場で探す. フジクラから発売された2020年モデルシャフト「スピーダーエボリューション7」を試打しました, この記事ではスピーダーエボリューション7の計測データにフォーカスをあてて性能や特徴、良かった点・気になった点を正直にレビューしていきます, フジクラのフラッグシップブランドであるスピーダーエボリューションの2020年モデルです, 2020年のカスタムシャフト市場のキーワード的な言葉になっていますけど、スピーダーエボリューション7も大型ヘッドに対応した剛性設計を採用しています, 奇数モデルということもあり、先中調子がはっきりしたモデルで先端の動きがしっかり出るタイプです, そうした中、最先端部の剛性を確保することで大型&大慣性モーメントのドライバーでもヘッド挙動を安定させてインパクトゾーンでしっかりと押し込めるようになっています, スピーダーエボリューション7 661 SをPRGR RS5-Fドライバーへ装着したモノを試打しました, それでは弾道計測器スカイトラックにてデータ計測を行ったのでまずはデータを見ていきましょう, ドロー寄りのストレート弾道でもスピン量は2500rpmと適正なスピン量となりました, 先中系でスピーダーらしいシャフトですが、シャフトの最先端部の剛性は高めているということからもヘッドの挙動自体はかなり安定していて方向性は凄く良いです, ただ先端の動き自体は大きく感じるので操作性は無いので、色々と球筋を打ち分けたいという方にはあまりおすすめしません, 動きの大きめのシャフトですので、ワッグルしてみた時と実際にスイングしてみた時のギャップにまずは驚きました, 打ってみたらあまり曲がらずに方向性が非常に優秀でコンスタントにキャリーを稼いでくれるモデルです, オートマ感が強いし操作性は乏しいのと、ぼく個人としては左に打ち出していってフェードを打ちたい派なので少し使いにくさは感じます, 実際には捕まりすぎることもなく丁度いい打球が出るのですが、動きがしっかり出るので不安に感じる部分もあります, 打ち手は割と選ぶので万能なシャフトではありませんが、ハマると威力を発揮しそうだなと感じさせてくれるシャフトでした, 以上、ツアーAD HD試打&評価|先端ちょい硬だけど癖のないしなり感と中低スピンで伸びのある弾道が魅力。という話題でした, まとめ【2020】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】, 試打レビューディアマナTB試打&評価|低スピンかつ左へのミスは大幅に減らせるシャフト. 前作を酷評したわけですが、2020年モデルは非常に完成度が高いです。トリプルトラックがとても使いやすく、パターにも貢献してくれる優れもの。新旧クロムソフトを切断して比較もしています。, 4位はホンマのウレタンカバー6ピースボール、フューチャーXX。 2015年に発売した「スピーダー エボリューション 2」のミートしやすい設計をベースに、新素材を採用して、一段と叩きにいけるよう向上させた。歴代の「スピーダー エボリューション」シリーズを支えてきた高品質のカーボン繊維を贅沢に使用することでつかまりを改良。 気持ちよう振れ、気持ちよく飛ばせるシャフトです。, 硬めのシャフトの方が自分のイメージで打てるので、エボ4の6Sに差し替えました。まだ4ラウンドしかしていませんが、自分のイメージでインパクト出来るので良いと思います。, “結果”を求めて超高品質素材を贅沢に採用、安定感抜群の叩けるスピーダーとしてデビューした「フジクラ スピーダー エボリューション 4」。ツア…, しなり幅が小さくて高品質なコシがある 【ミーやん】スピーダー エボリューションは、今回で4代目になります。メーカーによると、2代目の『スピー…. 3 引っかかりにくく左が安心するスピーダーエボリューションシャフト; 4 ヘッドスピードが速くても打感の良さに定評があるエボリューションシャフト; 5 スピーダーの中でも高い品質と技術によって作られるエボリューションシャフト 最大飛距離331y。, ホンマが本気で作った超ハイスペックドライバーです。J・ローズ選手も使用するこのモデルは飛距離だけでなく打感もかなり魅力的です。ヘッドスピード45m/sを超える方は必見。 モデル:661、フレックス:S、重さ:67.5グラム、トルク:3.7、ヘッド:テーラーメイド M2 ドライバー(2016年)、ロフト角:10.5度 ツアーAD EV:手元がちがち先調子でやや左にまっすぐ〇 三菱ケミカルのTENSEI AVブルーシャフトを装着しているドライバ …, 2020年8月7日発売のプロギア 02(ゼロニ)アイアンを試打しました クロムソフトと同時にコーステスト、切断をして検証した動画もあります。2020年モデルになって、前作とはまるで違う内部構造になっており、フィーリング、性能共に高評価のツアーボールです。, 低スピンで捕まり弱めというミズノプロとは真逆のドライバーです。低スピンなのはフェースの反発が高いことと、カーボンクラウンにして自由度が高くなった重心設計が要因でしょう。ハードヒッター向けなドライバーです。 お仕事の依頼はお問合せフォームからお願いいたします。, なんだかんだ1位になったのはタイとリストAVXでした。 フジクラのニューモデル「speeder evolution」(スピーダー エボリューション=以下スピーダーエボ)の新製品メディア試打会が東京・トーキョージャンボで開催されました。なんと、ゴルフ体験主義もご招待いただき、参加させていただきました!! 今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使っ …, 三菱ケミカルTENSEI(テンセイ)AVブルーの試打評価レビューです 最大飛距離325y。, 曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。 買い替えて大正解でした!, ■全体的な感想 ■飛距離 ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > シャフト > スピーダーエボリューション757, 915Fに挿して使っています。当初UTを2本使っていましたが19度を使うよりFWを使う方が安定することからこちらをバッグに入れました。当初あまり使うことも無かったのですがドライバーが不調になり3Wともども使用する機会が増えたところこれが良い仕事をするんです。3Wが初期の白いスピーダーの757ですが5Wともども757で力まず振れるんです。ドライバーはこの重量帯はもう無理なのに短いだけ振れるのでしょうか?それにしても当たりが良ければ必要十分な仕事をしてくれます。ドライバーに対しては浮気性なのにFWは3番5番ともこれで十分です!, 915Fで1年半ぐらい使っています。最近良く飛ぶFWも色々と出てきているので色々と試しているのですが、安定性、扱いやすさでこのシャフトに戻ってしまいます。程よく重く、程よくしなり、とんがってはいませんが優等生です。反応がピーキーでなくスムーズなので、左に巻くような球は出にくいのに良く捕まります。フジクラでは現在最新の赤エボがいい感じではあるのですが、青エボに比べてちょっと硬いですね。練習やラウンドから少し遠かった時にちょっとオーバースペック感があります。最近は軽硬方向のシャフトが多いので、このシャフトは私にとっては貴重です。ちなみにドライバでも45インチで一時期使っていましたが、やはり重すぎなのとFWが軽く感じてしまうので661に戻しています。757の方がタイミングが取りやすいので同じような特性でもう少し軽いモデルを出してくれないかな。。スイングは、おとなしく切り返してダウンで加速させるタイプで、手元側がしなると上手くタイミングがとれない場合が多く、結果的に先調子のシャフトをもっぱら使っています、ご参考まで。, 普段は917の赤エボ757を使っていますが冬場の朝イチには硬くて振り切るのがしんどいので661も追加してみましたが軽くて挙動も違うのでどうしようか悩んでいたら915の青エボ757仕様の新品が特価だったので購入してみました。同じ先中調子でも赤エボと違いだいぶ撓りがあるので寒い時期でも気持ちよく振り切れて距離と球の強さは十分です。ただ、思い切り叩きにいった時は赤エボと違いやはりチーピンが出やすいので青エボは冬場用の楽々仕様として使って行こうと思います。後、これは青も赤も共通ですがやはりスライサーには強い味方です。普段なら失速して距離をロスする持ち球のフェードもエボならほぼストレートで伸びていってくれます。, RMXツアーモデル・リアルロフト8.9度で使用中。(44.75in)先端カットいやー本当に、癖もなく振りやすいの一言。ヘッドとの相性も有るのでしょうが、本当によく飛んでくれます。YAMAHAのフィッターさんのアドバイスもあり、先端1/4カット・・・少々不安もありましたが誰よりもキャリーで飛んでいってくれる優越感はたまりませんね・・見た目の、ブルー主体のカラーリングもとても気に行ってます。, テーラーメイドのR15 460に装着して使っています。(*^_^*)これまで、ディアマナのWを使っていました。持ち球がドローで、左へのミスが一番嫌なので、これまでは元調子系のシャフトを使ってきました。今回のシャフトは先中調子のシャフトで、正直ドキドキしていましたが、打ってみれば、全然平気。どんだけ叩いても、左に大きく巻くようなミスもなく、雑誌などに謳われていた左が怖くないシャフトの宣伝どうり。先中と謳っていますが、気持〜ち手元もしなるような気がして、それがタイミングのとりやすさにつながっている氣がします。弾き感が気持ちよく、飛距離は確かに出ます。捕まりもいいのに左に行かない、不思議なシャフト。走るのに走り過ぎないという感じです。僕のように元々、元調子を使ってきた人にもオススメできます。むしろ、積極的に使った方が絶対にいいと思います。, Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd.