トレーナーバトルに挑戦しよう!『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることの … ポケモンgo(ポケモンゴー)における対人戦コンテンツ「リーグ」について紹介しています。リーグの参加方法や勝利時の報酬(リワード)について記載していますので、バトルに挑戦する時の参考にしてくださ … ©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ・その他、管理者が不適切と判断した投稿, コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ※2020/1/24の仕様変更に伴い、このテクニックは現在は使用できなくなりました。, QSAは海外動画で紹介されているテクニックで、「Queued Sequence Attacking」の略称です。簡単に説明するとゲージ技の先行入力になります。相手のゲージ技の発動に合わせて自分のゲージ技を自動発動することで、以下のメリットが出てきます。, QSAは以下の手順で行います。QSAを行うためにはゲージ技を先行入力状態にしておく必要があります。対象のゲージ技が既に貯まっている時に、通常技の硬直中にゲージ技のアイコンを1回タップするとこの状態になります。(以下、QSA状態と記載します)QSA状態になると、相手の行動に自動反応して事前にタップした自分のゲージ技が発動するようになります。, 手順2のゲージ技のアイコンタップは1回のみで問題ありません。ゲージアイコンが小さくなることがQSA状態に入った目印です。※QSA状態が解除された後もゲージアイコンは小さいままになることがあるため、2回目以降は目印にできない場合もあり。手順3の通り、QSA状態に入った後は通常タップを連打する必要があります。自分の通常技の終了時に通常タップがされていない状態だと、相手の通常技の発動や交代にも反応してゲージ技が暴発してしまいます。ターン数の短い通常技を使用する場合は特に注意しましょう。なお、QSAで発動したゲージ技は必ず後発になります。, 相手のゲージ技の開始と自分の通常技の開始ターンが重なれば、ゲージ技を発動しつつ同時に通常技が発動されることがあります。これにより、ミラーにおいても相手よりも通常技を撃った回数を多く稼ぎやすくなり、優位に立つことができます。ただし、即撃ちタイミングでQSA状態にする場合は、アイコンがアクティブになる直前ターンにQSA状態にしておく必要があるため、ここでの入力タイミングが非常にシビアです。, maoさんが実際にQSAを使用して、スリーパー同士の対面で相手よりも多く通常技を撃てている動画を公開されています。(実際の指の動きを撮影した映像もあり)動画のケースのように、お互いが同じポケモンを使用したミラー対面などで特に試合を有利に運びやすくなります。, 操作を誤ったり、試合の途中でフリーズしたりすると、意図しないタイミングでゲージ技が発動されることがあります。, 一度QSA状態になるとゲージ技を撃つまではこの状態を解除できなくなります。(発動したいゲージ技の切り替えは可能)自分のポケモンを交代したい場合、交代時には通常タップを止める必要があるため、ゲージ技を撃たずに交代するという行動が取りづらくなります。, QSA状態の時にゲージ技と通常技が同時に発動した場合、通常技の処理が終わった後にゲージ技の処理がされます。ゲージ量が100を超えてしまうと裏目に出ることもあるため、状況によってはQSAを使わずに普通にゲージ技を撃つ判断も必要になってくるでしょう。, ロケット団や各リーダーとのバトルでもQSAは可能ですが、QSA状態のまま通常タップを連打してるつもりでも途中で解けてゲージ技が発動されることがあります。そのため、CPU戦はQSAの練習にはあまり向いていません。硬直が長い通常技の方がQSAを成功させやすいため、最初はねんりきを覚えたジラーチやスリーパー、ドータクンなどで練習するのがおすすめです。, トレーナーバトルのテクニック「QSA」について、その仕組みとやり方をまとめました。. App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。 ©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ポケモンgo; トレーナーバトルで使えるテクニック・qsaについて ... 解除された後もゲージアイコンは小さいままになることがあるため、2回目以降は目印にできない場合もあり。 ... マスターリーグのトゲ … 最初からあきらめて5戦5敗の繰り返しですか? 名無しのポケモンマスターさん 初戦から4連勝できた場合(報酬ポケモン確定)は、最後の1戦はわざと負ける(レートを上げないために)。 初戦で負けたら(4連勝はきつそうだから)後の試合は捨て試合かなぁ。 バトルリーグ 2020.6.26 【goバトルリーグ】ガチ勢とライト勢のレートの境目は?ランク10への道のり; バトルリーグ 2020.9.20 【スーパーリーグ】真似してみる価値あり?!ランク7で勝率6割超えのパーテ… バトルリーグ 2020.5.29 マスターリーグはスーパーやハイパーと異なりcp制限がないので、単純にポケモンのスペックがその“ポケモンの強さ”になります。 しかし、単純に“CP(種族値)が高い=マスターリーグで通用する”とはなり … ※AppleとAppleのロゴは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 ポケモンgoのマスターリーグのおすすめパーティの技構成やおすすめの立ち回り・使い方についてまとめています。おすすめパーティを随時更新していますので、マスターリーグのパーティを作る際の参考にしてください。 ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 コメントの削除を申請する ※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケモンGO公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。. トレーナーバトル(PvP)のマスターリーグで強いオススメのパーティ例を提示します。環境に合わせ随時更新します。【管理人:まろ(Mar0Marr0n)】 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 マスターリーグでは、プレイヤーはどのポケモンでも使用でき、戦闘力(cp)の上限やその他の制限もなくなる。 他の形式と同様に、ポケモンは通常技1種とゲージ技2種を使うことができ、各チームは3匹のポケモンで構成される。 「実は、僕はほとんどマスターリーグをやったことがないんです。なので、これまでのように経験に基づくお話はできません。マスターリーグに関しては、それぞれのポケモンの相性やタイプ、数値に基づく仮説だと思っていただけるとありがたいです」 ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・誰かになりすます行為 ポケモンGOでのトレーナーバトル(対人戦/PvP)の一つ、マスターリーグで活躍するおすすめしたい、最強のポケモンを紹介!ランキング形式でまとめているので、マスターリーグで勝てない方はぜひ参考にしてください!, Boom App Gamesでは、一緒にゲーム攻略メディアを盛り上げてくれるメンバーを募集しています, Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。, 攻撃力や防御力といった種族値が高いのはもちろんのこと、弱点の少なさや耐性の多さ、高い技の性能により、幅広いポケモンに対して戦える、パーティの軸となる、そして, ※本記事では攻撃種族値のことを“攻撃値”、HPや防御の種族値をまとめて“耐久値”としています。, Sランクポケモンほどパーティの中心にはなれませんが、相性補完の役割や2番手の位置で、, 上位陣と比べると、対応できるタイプ範囲が狭く若干使いづらい、覚える技の性能が劣るポケモンなどをBランクとしています。, 上記ポケモンをクリックすると、本記事内にあるマスターリーグでのおすすめ理由に移動します。, HP・攻撃・防御と種族値がどれも高水準、そして覚える技の性能が優秀、さらに耐性が多いドラゴンと鋼の複合タイプ。, マスターリーグ以下はCP制限の都合で起用するのが困難でしたが、マスターリーグではカンストさせたディアルガが猛威を振るうため、必然的に“ディアルガ対策”も講じる必要があります。, 「あまえる」はダメージ効率(DPT)が全技でもトップクラスであり、シールドで防がれることもないので、否応なしにダメージを蓄積させていきます。, アナザーフォルムのギラティナも同様にスペックが高いポケモンですが、種族値の差もさることながら、オリジンフォルムとの違いは覚える技。, DPTとEPS共に優秀な「シャドークロー」を軸に、等倍範囲が広くダメージを稼ぎやすい「りゅうのはどう」や、消エネな「あやしいかぜ」を使い分けていくタイプ。, 等倍範囲が広い且つダメージ効率が良い「りゅうのいぶき」を使いつつ、消費エネルギーが低めのゲージ技も持つため、, ドラゴンタイプの例に漏れずドラゴン技が弱点となるため、対面で同じ種族値のディアルガと「りゅうのいぶき」を使いあうと押し負けるのは確実。, ※マスターリーグ環境では、レシラムに限らず高い攻撃種族値を持つポケモンのゲージ技は、弱点でなくてもHPの大半を削ることができる, 通常技は「でんきショック」しかないものの、「でんきショック」はエネルギー効率に長けているので、, 耐性の多い鋼とエスパータイプの複合ポケモン。防御時に有利なポケモンが多く、マスターリーグでも広範囲に対応できる, ステータスやタイプが優秀な反面、技性能はそこまで高くありません。使うならば「バレットパンチ」一択。, 防御種族値はトップクラス、HP種族値も平均より遥かに高い数値で、マスターリーグ内でもトップクラスの耐久力を有しています。, ゲージ技に少ないエネルギーで使用できる高威力の「ゴッドバード」を持ちますが、環境的に飛行技が弱点のポケモンが少ないのがネック。, 「サイコカッター」と「ねんりき」はどちらも優秀なエスパータイプですが、前者はEPS、後者はDPSに長けています。, ほぼすべてのトレーナーが入れているといっても過言ではないディアルガは格闘と地面が弱点となりますが、その中でも, ドラゴンや草タイプ対策に「ふぶき」も使いたいところですが、「ふぶき」の必要エネルギーは多く「たきのぼり」では賄いにくいです。, 「カウンター」のEPSは良いほうではありますが、ローブシンが覚えるゲージ技を素早く出せるほどではありません。, EPSの良い「バークアウト」でエネルギーを獲得し、素早くゲージ技に繋げる構成です。, ヒードランは少ない弱点の中でも“ディアルガと共通する地面タイプ”が弱点なため、ディアルガ対策のついでに対策をされてしまいます。, 豊富な耐性と高水準な種族値、覚える技が優秀とアナザーフォルムのギラティナも、オリジンフォルムに負けず劣らずマスターリーグで活躍できるポケモンです。, ただし、「りゅうのいぶき」を使う型としてはディアルガの壁が厚く、「りゅうのいぶき」型のアナザーフォルムを使うのであればディアルガがほぼ上位互換。, EPSに優れた「シャドークロー」と省エネの「ドラゴンクロー」で素早くゲージ技を回していきましょう。, 弱点は環境的に刺さりにくい草一つとあってないようなものですが、耐久値はそこまで高くないので, 他のリーグにも言えることですが、弱点の技を受け続ければ、たとえCPが1,000以上離れていても, 前述したように弱点や耐性(タイプ相性)が重視されますが、一方的に有利な状態で戦えることは稀であり、基本的に等倍相性で戦うこともしばしば。, シールドで弾かれる可能性のあるゲージ技に比べて、通常技はコンスタントにダメージを与えていけます。, とはいえ、エネルギー消費量が低く連発可能なゲージ技を持つのであれば、エネルギー獲得効率を重視するのも間違いではありません。, 一部の技にはバフ・デバフを付与する効果を持つものもあるので、その効果との割合で良し悪しが判断されることもあります。. — レジスタンズリーダー@ポケモンGO (@uezakiryuutarou) 2018年3月6日. ポケモンGOの攻略まとめWikiです。アップデート最新情報やイベント情報を最速で紹介しています。色違いやタスク・フィールドリサーチやレイド攻略、GOバトルリーグ最強ランキングなどポケモンGOの攻略情報を毎日更新中!, ©Pokémon. Copyright (c) 08 LLC All Rights Reserved. ©2016 Pokémon. ポケモンgo; トレーナーバトルで使えるテクニック・qsaについて ... 解除された後もゲージアイコンは小さいままになることがあるため、2回目以降は目印にできない場合もあり。 ... マスターリーグのトゲ …