H20-IIの小排気量化・改良型で、フォークリフト専用エンジンとなっている。, H20-IIの高出力仕様(エンジンフード横にHIGH-POWERの記載有り)として開発された。ボアストロークは92x95mm、圧縮比8.7、最大出力62馬力/3,200rpm。, H20と同じブロックを用いて、ピストンストロークを16.2mm短縮して87.2x66.8mmとし、排気量を387cc小さくして高回転型としたもの。圧縮比は9.0:1で、97馬力を発揮。R16とも呼ばれる場合がある。1967年からは信頼性向上の為にクランクシャフトを5ベアリングとした。, H20型をベースにレースなどのモータースポーツを考慮して再設計しSOHCヘッドを組み合わせたもの。135馬力から150馬力を発揮。 日産自動車は新型「マグナイト」を発表した。ターボエンジンによる力強いパフォーマンス、大胆なエクステリア、そして先進テクノロジーを兼ね揃えた都市向け小型suv。  設計は日産自動車、第一機関設計部の佐々木健一氏である。, 日産・プレジデントの開発に合わせてH20型をベースに2気筒を追加して製造された直6エンジンで、120馬力を発揮。, 1970 裕隆汽車・セドリック803(91 PSまたは4800 rpmで67キロワット)(91 PS もしくは 67 kW at 4,800 rpm), 1966-1976 日産・C80 このエンジンは大型のフォークリフトでも用いられているほか、1960年代後半から70年代初頭に掛けて、日本のストックカーでもエンジンスワップに多用された。. 日産のL型エンジンとは、1965年~1980年代中頃に生産された直列4気筒または6気筒エンジンです。「L」は日産のエンジンの型式ですが、「in Line(直列)」の頭文字に由来するとも言われています。L型エンジンには、ガソリンエンジンと、そこから派生したディーゼルエンジンがあります。, 日産の歴代エンジンは名車とともに語られることが多いです。 エンジンは日産h20型。昔のセドリックとかに乗ってたエンジン。 去年オイル交換する前に貸し出されてしまったので、2年ぶりのオイル交換になってしまった。稼働時間が少ないのもあって、水分を含んで … 日産にかつて存在した「l型」と呼ばれるエンジン。1980年代にラインナップから姿を消しているにも関わらず、今なお根強い人気があります。その秘密は、かつて公道最強と言われたエンジンの構造や成り立ちにありました。搭載車種、オーバーホールなどと合わせて解説します。 なお、H型エンジンより派生したR型やU型SOHC直列4気筒および、K型などの直列6気筒についても英語版にならい、便宜上この項目に併記する。, 原型は日本自動車工業時代に太田祐一ら旧オオタ自動車工業のスタッフによって開発され、東急くろがね工業(後の日産工機)に改編後、排気量1,883ccのH型が初代30型セドリック(1960年-1965年)に日産車として初搭載された。, 鋳鉄製シリンダーブロック、3ベアリングのクランクシャフトを用いた簡潔且つ堅牢なターンフロー(カウンターフロー)式OHVエンジンで、シリンダーヘッドは鋳鉄製。アルミ合金製シリンダーヘッドを搭載している物はH型では無く後継機であるK型と呼ばれるエンジンとなる(直列6気筒のK型エンジンとは別物である)。, 高トルクを利して乗用車のみならず、主にタクシー用営業車や商用車、フォークリフト用エンジンとして広範囲に用いられ、2003年まで排気量や仕様の変更を受けながら、約45年間量産され続けた。また、日産ディーゼル(現・UDトラックス)にて製造されていた日産・SDエンジンは、ボアピッチおよびシリンダーブロックの基本レイアウトをH型と共有するものであった。, Hという名前はついているが、このエンジンのみ後のH型とは関連がなく、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)と提携して同社のオースチン・A50ケンブリッジを日産でライセンス生産したことに伴い国産化した「BMC・Bシリーズエンジン」そのものである(原型は1947年にオースチンで開発)。本来のA50ケンブリッジ乗用車のほか、小型トラックの「ジュニア」への搭載、ストロークダウンでの排気量変更によるダットサン向け派生型開発などで広範に利用され、日産車の性能向上に貢献した。ヘッド、ブロック共に鋳鉄製でボアストロークは73x89mm[1]。, H型エンジンの初のモデル。1962-65年まで製造され、ボアストロークは85x83mm。北米仕様ではセドリックのエンジンのみ8.5:1の高圧縮比のものが用いられ、95馬力を発揮したがその他のエンジンの圧縮比は8.0:1で92馬力であった。, 最も多く製造されたモデル。H型のボアを87.2mmにボアアップし、99馬力とした。, H20エンジンのLPG仕様で、キャブレターからLPG用ミキサになっている他、内部にも若干の変更がなされている。, 1,500cc
L型エンジン以前は「ハコスカ」の愛称で親しまれた初代スカイラインGT-Rに搭載された「S20型エンジン」。L型エンジン以降は、レースにおいてGT-Rの伝説を築いた「RB型エンジン」が有名でしょう。, L型エンジンを搭載した有名な車といえば、漫画 湾岸ミッドナイトの「悪魔のZ」ことフェアレディZ S30型です。L型エンジンはチューニングのしやすさが相まって、15年ものロングセラーとなりました。, チューニング次第では公道最強とも言われた日産のL型エンジン。その構造や搭載車種、最強と名高いチューニングの自由度について解説します。, L型エンジンは前述の通りSOHC 4気筒あるいは6気筒の直列エンジンです。1970年代以降の主流はクロスフロー型でしたが、L型エンジンは1965年から15年間の生産期間において終始ターンフロー型を貫いたことが大きな特徴です。, また、当時まだ主流であった鋳鉄製エンジンブロックであったため、後のアルミブロック製を採用したエンジンに比べて堅牢で長寿命という長所も挙げられます。, クロスフロー型は現在では主流の構造で、シリンダーヘッドの左右に吸気ポートと排気ポートが別々に設けられているタイプ。対してターンフロー型は、シリンダーヘッドの片側に吸気ポートと排気ポートが固まっているタイプです。, 一般的に、熱対策における優位性から、クロスフロー式のシリンダーヘッドはターンフロー式よりも高性能を発揮できるとされ、日産L型エンジンもチューニングなしでは「遅い」という声も多かったそうです。しかし、ターンフロー式は片側に吸排気ポートが揃っているため、エンジン加工もしやすく、さらにツインカム化しやすいという強みがありました。, 鋳鉄製エンジンブロックやチェーンによるカムシャフト駆動を採用したL型エンジンは重量が大きくなり、軽快に走ることはどちらかといえば不得意です。反面、堅牢で長寿命であることが挙げられます。, 長く使うことができるだけでなく、ボアアップなどでシリンダーを加工しても耐久性を確保できることから、改造に向いていたエンジンでした。, また、L型エンジンはシリーズ全体での大量生産も考慮されたため、共用部品が多いことも、改造のしやすさにつながりました。, L型エンジンには長い歴史があり、直列4気筒 1.3LのL13型から直列6気筒ディーゼルエンジンのターボモデルであるLD28Tまで種類も幅広く、搭載車種も多種多様です。, 先進的な設計やラリーでの活躍もあって、史上はじめて北米市場でヒットした日本車となりました。, フェアレディZの初期型はその心臓に新設計のL型6気筒を選びました。その魅力的なデザインと高性能に対して値段が安かったことから、北米を中心に大ヒットしました。, S30型のZといえば、首都高の湾岸線を300 km/hで走る「悪魔のZ」が、車好き・マンガ好きにはとても有名です。「悪魔のZ」のエンジンはL28型をツインターボ化したものですが、最初の仕様ですでに600馬力超え。標準仕様の実に4倍に相当しますが、実際のチューニング次第では荒唐無稽なマンガの話とも言えず、同等の馬力を絞り出す実車も存在しました。, 同じく日産のセドリック/グロリア、ブルーバードに次いで3番目に、日本初の乗用車用ターボエンジンであるL20ETを搭載しました。, ターボとAT(オートマチック トランスミッション、自動変速機)の組み合わせは日産初でした。, アメリカでは大ヒットとなったものの、日本では型式申請が通らず販売に至りませんでした。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, RB26が伝説の名機たる理由とは?第2世代スカイラインGT-Rなど搭載車種を総まとめ, 【柿の種】日産ブルーバードの初代310型から510やSSSについての評価&維持費とは!, 「フェアレディZ(240Z)誕生へ」ダットサンと日産の歴史とこれから【日本の名車】.


h型エンジンは、かつて日産自動車が製造していた直列4気筒ohvエンジンである。なお、h型エンジンより派生したr型やu型sohc直列4気筒および、k型などの直列6気筒についても英語版にならい、便宜上この項目に併記する。概要原型は日本自動車工業時代に太