18. 04. ・【スカーレット第3週】脇役、チョイ役 単発出演者まとめ. 同局によると、このドラマは滋賀県信楽の女性陶芸家がモノを作り出す情熱と喜びを糧に失敗や挫折にめげず生き、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の波乱万丈な人生の物語だという。, 舞台は1950年代~1960年代の高度経済成長期を中心に描かれ、戸田は1937年生まれの川原喜美子を演じる。脚本は「夏子の酒」「ビギナー」などを手がけた水橋文美江氏が担当する。, 引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010003-wordleaf-ent. 信楽焼で知られる滋賀県信楽を舞台に、女性陶芸家「川原喜美子」の半生を描く。 09. Hey ! Copyright© — 朝ドラ「スカーレット」第1週 (@asadora_bk_nhk) October 5, 2019 ”川原マツ” は・・・ 実は、大阪の八尾市の大地主の娘で その当時、マツの実家に出入りしていた常治(北村一輝)と 駆け落ち同然で結婚しました。 そんなマツは、産後の肥立ちが悪く 14. 08. 「イケるな」と自信 次期朝ドラ、滋賀でクランクイン”, https://mantan-web.jp/article/20190404dog00m200012000c.html, https://www.sanspo.com/geino/news/20200229/geo20022920450024-n1.html, "きみちゃんが「信楽初の女性絵付け師」として紹介された新聞記事はこんな感じでした 放送ではチラッとしか映らなかったので、じっくりとご覧ください", 「フカ先生からの#年賀状 #絵葉書  #スカーレット #戸田恵梨香 #松下洸平」, “松田るか:「スカーレット」で朝ドラ初出演 次週から登場で関西弁にも挑戦 “武志”伊藤健太郎と互いに…”, https://mantan-web.jp/article/20200207dog00m200080000c.html, "こんな電気窯修理業者には気をつけて下さい。●直せるような顔で作業する。●髪の乱れは直すが窯は直せない。●帰り際に失礼な事を言う。", “朝ドラ「ピンクフィーバーズ」登場で「昭和53年」がトレンド入り モデルはもちろん…”, https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/05/0013091586.shtml, “次期朝ドラ主題歌はSuperfly 『スカーレット』ヒロイン戸田恵梨香「恐れ入った」”, https://www.oricon.co.jp/news/2142360/full/, [スカーレット] 主題歌/Superfly「フレア」/タイトルバック映像 | NHK, “朝ドラの“原点”に戻る『スカーレット』 クレイアニメーションを用いたタイトルバックにも注目!”, https://realsound.jp/movie/2019/09/post-422947_2.html, https://mantan-web.jp/article/20191007dog00m200000000c.html, “「スカーレット」第2週平均視聴率20.2%で初の大台到達 12日は番組最高の22.4%”, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/15/kiji/20191013s00041000106000c.html, “スカーレット:第3週視聴率19.7%で2週ぶり大台割れ 喜美子、新米女中として奮闘”, https://mantan-web.jp/article/20191021dog00m200002000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/28/kiji/20191027s00041000398000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/05/kiji/20191104s00041000240000c.html, “スカーレット:第6週視聴率は番組最高タイの20.2% 4週ぶりの大台 喜美子、丸熊陶業で働き始め…”, https://mantan-web.jp/article/20191111dog00m200006000c.html, https://mantan-web.jp/article/20191118dog00m200002000c.html, https://mantan-web.jp/article/20191125dog00m200001000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/02/kiji/20191201s00041000312000c.html, https://mainichi.jp/articles/20191209/dyo/00m/200/000000c, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/16/kiji/20191215s00041000304000c.html, “スカーレット:第12週視聴率は19.8% 喜美子、陶芸家への第一歩 八郎とも結婚”, https://mantan-web.jp/article/20191223dog00m200000000c.html, https://mantan-web.jp/article/20200106dog00m200002000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200119s00041000282000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/27/kiji/20200126s00041000268000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/03/kiji/20200202s00041000327000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/10/kiji/20200209s00041000256000c.html, “スカーレット:第19週視聴率19.1% 貴美子の作品のファン? アンリが現れ…”, https://mantan-web.jp/article/20200217dog00m200002000c.html, https://mantan-web.jp/article/20200225dog00m200006000c.html, https://mantan-web.jp/article/20200302dog00m200006000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/09/kiji/20200308s00041000278000c.html, “スカーレット:第23週視聴率19.5% 喜美子、母としての覚悟 武志に病名を告知し…”, https://mantan-web.jp/article/20200316dog00m200010000c.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/23/kiji/20200322s00041000217000c.html, "【再・重要なお知らせ】 しつこいのですが、とても大事なお知らせなので…! 10/22(火・祝)は #スカーレット (総合)の放送時刻が変更になります。 朝:午前8時→⚠午前7:45 昼:午後0:45→⚠午後0:30 「テレビをつけたら…」「録画が…」とならないよう、また明日お知らせします", "「21週(2/24~2/29)は「スペシャル・サニーデイ」と題した特別編。サニーを舞台にして「ある1日」の物語をお届けします。 脚本はフカ先生の弟子、2番さんでおなじみの #三谷昌登 さん! きみちゃんの物語は22週(3/2)から再開しますよ! #スカーレット」 / Twitter", https://realsound.jp/movie/2020/02/post-510005.html, “林遣都&福田麻由子“大野家”のスピンオフ特別編にファン「待ってました!」<スカーレット>”, 喜美子と八郎、ハグの先にある壊して築く新たな関係 『スカーレット』一旦の最終回のような展開に, http://www.city.koka.lg.jp/secure/22161/P06-07.pdf, https://mainichi.jp/articles/20190930/k00/00m/040/029000c, “リアル「丸熊陶業」人気です 朝ドラ「スカーレット」舞台の信楽活況、タヌキも品薄に”, https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/160092?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink, "【けさの "朝ドラ送り"】 朝の連続テレビ小説が始まる直前、 番組の最後にキャスターが時折 ドラマに触れることがあります。 この時間帯は全国放送ではないため、 関東甲信越でしか見ることができません。 今回は特別に! GIRLS フカ師匠 VIBA ARAKI 水道橋博士、アルマーニ制服は「あり」→公立小学校でやらなくても良いだろうと思うが。, 欅坂46 平手友梨奈ツアー出演見合わせでネットに動揺→チケット売りきってからの直前発表はちょっとひどいかな, 米韓首脳、22日にホワイトハウスで会談へ 米朝会談も協議→合衆国はそう簡単な国じゃないと思います。, アルマーニ制服にモモコ「お古が回ってこない」 南光「イジメが始まる」→普通にやばい校長と思う。, テレ朝報道局長、女性記者セクハラ問題「すべて組織の長として私に責任がある」→全然辻褄が合わないと思うんですが。, 安倍首相、最終演説は「秋葉原」と発表→今回の選挙によほど自信があるのだろう。結果が楽しみだ。, ダイアンに続き、来年4月に王者・銀シャリ&かまいたちらが続々東京進出→全員東京では売れないと思う。, 「やる気ゼロ」発言も炎上 工藤静香の昭恵夫人化が止まらない→あの甘ったるい偉そうな喋り方がムリ, マッチ、後輩・国分を一喝「ダサい、めっちゃダサい」→どっちかと言うと近藤の方がダサいわ, NHK朝ドラ101作目「スカーレット」出演者発表会見→恵梨香ちゃんだけ期待してます。. 06. 連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月20日、NHK総合〈大阪放送局のみ〉), もうすぐ! 連続テレビ小説「スカーレット」(2019年11月9日、NHK総合 / 2019年11月17日、BSプレミアム), 連続テレビ小説「スカーレット」年始のごあいさつ「お正月だよ!信楽焼でスカーレット三昧」(2020年1月4日、NHK総合 / BSプレミアム), 水橋文美江(作)、水田静子(ノベライズ)『NHK連続テレビ小説 スカーレット 下』(2020年4月9日、ブックマン社、, NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレット Part1(2019年9月25日、NHK出版、, NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレット Part2(2020年1月27日、NHK出版、, 月刊ドラマ 2020年4月号(映人社) - 第1週・第12週・第23週の脚本および、水橋のインタビュー、制作統括・内田のコメントを掲載. 05. BUTTeRfLY 沖縄タイムス元社員を逮捕 コロナ給付金の詐欺容疑→県警は持続化給付金詐欺に対して甘い印象だ, 記憶あいまい 新型コロナ、脳まで侵入か→国の対応が未知のウイルスより経済優先だからね, 菅政権、GoTo対応でジレンマ→第二波の頃からこうなることは予測できていたはずなのに, 阪神・糸井、減額制限40%超え提示されていた→勝負弱い上にあの守備力では投手は堪らない。, フィギュアGPファイナル北京大会を中止→冬近くなって日本も欧米も感染者増えてるから厳しいね, NHK大阪放送局は21日、2019年度後期の連続テレビ小説「スカーレット」の出演者発表会見を同局スタジオで行い、戸田恵梨香演じるヒロイン川原喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が出演すると発表した。, このほか、喜美子の幼なじみ役に大島優子、隣人役に財前直見が出演することも発表し、それぞれが意気込みを語った。, 滋賀県信楽の女性陶芸家がモノを作り出す情熱などを描く 10. 25. nhk大阪放送局は21日、2019年度後期の連続テレビ小説「スカーレット」の出演者発表会見を同局スタジオで行い、戸田恵梨香演じるヒロイン川原喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が出演すると発表した。 このほか、喜美・・・ Sugar 焼き物の里・信楽に生きる女性陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描いた、NHK朝ドラ『スカーレット』。, 繊細で豊かな表現力に定評のある戸田恵梨香さんをヒロインとし、次々と豪華キャストが追加されています。, 幼少の頃から信楽焼きに触れ、成長と共に 男性ばかりの陶芸界で、女流陶芸家の第一人者として歩みはじめる。, タイトル『スカーレット』=緋色にあるように、熱く燃える窯の炎のように、情熱的な人生を歩んでいく。, 近年では、映画『駆込み女と駆出し男』『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』に出演。, NHK教育番組『みいつけた!』(2015年~2019年)-に3代目スイちゃん役で人気者となる。, 様々な商売に手を出すが、見栄っ張りで酒をおごったり、困った人をほっとけないためお金が溜まらない。, 映画『皆月』『日本黒社会 LEY LINES』、大河ドラマ『北条時宗』『天地人』などに出演。, 大阪の 大地主のお嬢様だったが、商売で出入りしていた常治と知り合い、駆け落ちをして結婚。, 大河ドラマ『毛利元就』、朝ドラ『あさが来た』、近年では『逃げるは恥だが役に立つ』、『白衣の戦士!』に出演。, わがままで自由奔放な性格で、家の手伝いを嫌い、信楽を飛び出してしまうが、ことあるごとに戻り喜美子にトラブルを持ち込んでくる。, NHK大河ドラマ『西郷どん』、映画『進撃の巨人』に出演し、劇場アニメ『サマーウォーズ』で声優として準主演をつとめている。, 24時間テレビドラマ『絆のペダル』宮澤妙子役、『全力!脱力タイムズ』再現VTRなどに出演。, 大河ドラマ『北条時宗』、『風鈴火山』、ドラマ『白夜行』、『女王の教室』など 子役として存在感を発揮し、最近では、『コウノドリ』、『グッドドクター』などに出演している。, 三浦春馬さん主演の人気ドラマ『TWOWEEKS』で、素晴らしい演技を見せたことが記憶に新しい人気子役。, 『連続テレビ小説 マッサン』(NHK) 亀山エマ役、『視覚探偵 日暮旅人』百白灯衣役で知られる。, 「パプリカ」を歌う小学生ユニットで、紅白出場も決定しているFoorin(フーリン)のメンバーとして歌やダンスも披露している。, ドラマ『ROOKIES』、『コンフィデンスマンJP 』、『ミストレス〜女たちの秘密〜』、など人気作に次々に出演。, 近年では映画『今日も嫌がらせ弁当』、『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』などにも参加。, アイドルグループAKB48で絶大な人気を誇り、卒業後は映画『紙の月』、ドラマ『東京タラレバ娘』など人気作に出演。, 丸熊陶業を発展させようと奮闘し、絵付師を目指す喜美子にも大きな転機をもたらす人物。, 映画『がんばっていきまっしょい(1988)』でデビューし、朝ドラには『花子とアン』三田悠介役で出演。, 『あなたの番です(2019)』早苗の夫役、大河ドラマ『おんな城主 直虎』菅沼忠久役で知られる。, 朝ドラには、これまで「わろてんか」「ごちそうさん」「カーネーション」「ウェルかめ」など数多くに出演。, 出演作は、ドラマ『おっさんずラブ』、『火花』、映画『ROAD TO HiGH&LOW』、『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』ほか。, ドラマ『お金がない!』、『お水の花道』などのヒット作品やNHK大河ドラマに多く出演し、近年ではWOWWOWドラマ『対岸の彼女』、映画『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』に出演。, 映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『探偵はBARにいる』ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 』、『家康、江戸を建てる』など出演多数。, 朝ドラは、「カーネーション」ドアガール役、NHK連続テレビ小説「純と愛」、新婦役大河ドラマでは「おんな城主 直虎」ヒサ役などに出演。, 朝ドラ「あすか」、「カーネーション」、「純と愛」、「マッサン」など多数に出演する名脇役。, 「火曜ドラマ きみが心に棲みついた」(TBS)星名漣幼少役、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」などに出演。, ドラマ『カラマーゾフの兄弟』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』、『ラジエーションハウス』らに出演。, 吉本興業所属のコンビ「NON STYLE」で、「M-1グランプリ」の優勝経験もある人気お笑い芸人。, テレビ朝日『科捜研の女19』香坂タケル役、読売テレビ60周年ドラマ『天才を育てた女房』煕哉役などに出演。, キックボクシングの沢村忠の大ファンで、三津と戦うことを楽しみにしている無邪気な少年。, 『ぴあの(1994)』で子役デビューし、その後「カーネーション」「ひよっこ」など朝ドラ7作に出演。, 「仮面ライダーエグゼイド」のポッピーピポパポ役、「賭(か)ケグルイ」シリーズの皇伊月役で知られる女優。, 芸能界に入っての目標は朝ドラに出演することだったが、「スカーレット」の真奈役で叶った。, ドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください(2019)」、映画「もういちど(2014)」などに出演。, 朝ドラでは、カーネーション』、 『ごちそうさん』、『あさが来た』、『わろてんか』など多数出演。, 喜美子の師匠で、丸熊陶業の社長・秀男に招かれ信楽焼きの絵付師になった元・日本画家。, ユーモアあふれる人物で、弟子の名前もろくに覚えない適当な性格で喜美子をとまどわせる。, 大河ドラマ『いだてん』、NHKスペシャル『 詐欺の子』などNHKとの作品にも多数出演している。, 美術学校首席で卒業後、深川のもとで住み込み&無給で働き、1年ほどで一人前の絵付け職人となる。, 兵庫県出身の俳優で、R-1グランプリに出場し2009年大会で2位になるなど元芸人でもあった。, 『べっぴんさん(2017) 』小山小太郎役、『4分間のマリーゴールド(2019)』岡部医師などに出演。, 歌唱力があり、「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」では決勝まで勝ち進んだ。, NHK大河『篤姫(2008)』、『西郷どん(2018)』勅使・柳原前光役、NHK時代劇『ちかえもん(2016)』銀介役、朝ドラ『ごちそうさん(2013)』ガス屋・吉村役、『とと姉ちゃん(2016)』出版社社員・扇田役など多数出演。, 大金で喜美子の作品を購入しようとしたり、高値で花瓶の制作を依頼してくる謎めいた女性だが、次第に喜美子を不思議な友情を結んでいく。, NHK大河ドラマ『功名が辻』で明智光秀の妻・槇役、映画『南京の真実』、舞台『ジュリエット通り』などに出演。, SMAPの元メンバーで解散後は、草彅剛(45)、香取慎吾(42)共に2017年にファンサイトとして開設した「新しい地図」に所属。, 解散後のドラマ出演は、「スカーレット」が初めてとなり、朝ドラの出演は1989年の『青春家族』に出演して以来約30年ぶり。, ドラマ出演は『恋の病と野郎組(2019)』以降2作目で、朝ドラは初出演(12月下旬より出演)。, 『踊る大捜査線』シリーズに柏木雪乃役で知名度が上がり、近年では、映画『恋の罪』、ドラマ『奪い愛、冬』、『ミストレス』など幅広い役をこなしている。, また蜷川幸雄演出の舞台『ヴェローナの二紳士』に主演したときには、初めて女性役を務める。, 父の代わりに犬のゴンを散歩させているところ、喜美子からフンの処理について注意するように頼まれた酒田圭介が一目ぼれしてしまう。, 「あさが来る」、「家売るオンナの逆襲」、「コンフィデンスマンJP」、など人気ドラマに出演。, NHK「赤ひげ2」、「おっさんずラブ~in the sky~」にも出演を控えている、今注目の女優。, 喜美子の若さに最初は反対するが、その頑張りを認め女中としてのノウハウを教えていく。, NHKの大河ドラマ『元禄太平記』でテレビデビューし、その後はNHK朝ドラに昭和、平成、令和にまたぎ7作も出演している。, 1970年滋賀県生まれのミュージシャンでT.M.Revolutionとして知られる。, 俳優経験は少ないものの『NHK紅白歌合戦』に7回出場、『おかあさんといっしょ』のスキッパーの声や、『天才てれびくんYOU』などNHKへの出演は多い。, 「どーも、NHK」、「新日本風土記」語り、「コズミックフロント☆NEXT」などを担当するNHKアナウンサー。, ※こちらの相関図は、NHK公式サイトを元に作成していますが、内容が変更になる場合がありますので、ご了承ください。, 生きる源#Superfly pic.twitter.com/n72mkhxHks, 9月30日(月)~2020年3月28日(土) All Rights Reserved. 連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月23日、NHK総合 / 2019年9月26日、BSプレミアム), いよいよスタート! 29. 11. ロケTV , 17. 荒木 mhkの朝ドラ101作目(大阪放送局制作43作目)、2019年9月30日スタート、平成30年度後期の連続テレビ小説 「 スカーレット 」の出演者・キャスト情報です。 連続テレビ小説「スカーレット」の放送開始は、2019年9月30日(月)から2020年3月までの放送予定となっています。 ティコティカ nhk大阪放送局は21日、2019年度後期の連続テレビ小説「スカーレット」の出演者発表会見を同局スタジオで行い、戸田恵梨香演じるヒロイン川原喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が出演すると発表した。 このほか、喜美・・・ 鼓動, ただし、エールが放送中断し再放送になった際は、事実上の週跨ぎの放送になる形で一時的に土曜日の放送が復活した。, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812030000470.html, “朝ドラ「スカーレット」喜美子のモデルが明かす ドラマより壮絶な半生:<あの人に迫る> 女性陶芸家の草分け 神山清子(こうやま・きよこ)さん」”, https://web.archive.org/web/20200428222546/https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020033102100058.html, https://web.archive.org/web/20181204005657/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300614, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/22/kiji/20190522s00041000215000c.html, https://www.asahi.com/articles/ASM7S621CM7SUCVL01P.html, “戸田恵梨香、朝ドラ起用 3期連続オーディションなし、NHKの“民放的改革”とは…”, https://dot.asahi.com/dot/2018121200057.html?page=1, “「スカーレット」武志は白血病だった 試練の展開にネット涙 脚本・水橋文美江氏「覚悟を決めて」執筆”, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/06/kiji/20200305s00041000278000c.html, https://www.sanspo.com/geino/news/20190404/geo19040412480028-n1.html, “戸田恵梨香:前髪パッツンで15歳に! 15. 19. 13. 星座の丘 連続テレビ小説「スカーレット」スペシャル(2019年9月27日、NHK総合〈大阪放送局のみ〉), まだ間に合う! 立つんだJoe 24. 『スカーレット』はNHK大阪放送局が制作するテレビドラマ。NHK「連続テレビ小説」第101作目として、2019年9月30日から2020年3月28日まで放送された。主演は戸田恵梨香。, 2018年12月3日にNHK大阪放送局で制作会見が行われた[1]。脚本ではヒロインに実在するモデルの人生そのままをトレースさせる脚本の作風ではないが、信楽焼の女性陶芸家の草分けで実在の陶芸家であり、骨髄バンク設立運動にも奔走した神山清子[2]とその家族たちの半生も参考に取り入れたオリジナル作品として制作された[1][3]。, 次回作『エール』は4K制作および週5回放送となるため[4][5]、今作がNHK連続テレビ小説最後のハイビジョン製作および土曜日も放送する作品となる[注 2]。, ヒロインは、少女時代から結婚などを経て、人生のステージを次々に進んでいく姿を描く上で力を発揮できるとして、戸田恵梨香に決定[6]。企画段階での信楽への取材時よりヒロイン像として名前が挙がっており、企画内容を伝えたところ快諾を得た[6]。『まんぷく』『なつぞら』に続いて3作連続でオーディションなしで、映画や民放ドラマで既に主演実績がある女優がキャスティングにより起用されることになった[7]。, 「自分のためでなく誰かのためにこそ動ける女性」を描くのに強い脚本家として、女性を主人公としたさまざまな作品を手掛けてきた水橋文美江が起用され、「50代の今だからこそ書けるヒロインをぜひやりたい」「元気を届けるとか、観てる人が明るい楽しい気持ちになれるっていうドラマをやりたい」と語っている[8]。ヒロイン・喜美子の陶芸作品として神山作品を借り受けて劇中で用いていることから、ひとつひとつの作品に込められた長男への深い愛情とまつわるエピソードに触れないことは、神山への敬意を欠くとして覚悟を決め、できるかぎりの配慮の上で第22週以降の終盤の試練の展開を描いている[9]。, ヒロイン以外の出演者は、2019年2月21日、主な出演者の発表が行われた[10]。2019年5月23日、新たな出演者の発表が行われ[11]、語りをアナウンサーの中條誠子が務めることもあわせて発表された[11]。アナウンサーが語りを担当するのは、2017年度後期の『わろてんか』以来である。, 収録は2019年4月2日に滋賀県長浜市の琵琶湖岸でクランクインし[12]、翌4月3日にヒロインの戸田恵梨香が滋賀県甲賀市信楽町にてクランクインした。4月4日には信楽町の信楽焼窯元「宗陶苑」で撮影取材会が行われた[13][14]。2020年2月29日、大阪放送局でクランクアップを迎えた[15]。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、報道陣を集めての取材会は行われず非公開となった[15]。, 2020年10月28日に出演者の伊藤健太郎が逮捕されたことに伴い、NHKでの配信が停止された。, 昭和22年、9歳の川原喜美子は、戦後の食糧難と父・常治の事業失敗による生活難のため、一家で大阪から常治の戦友・大野忠信が住む滋賀県の信楽に転居する。同級生に貧乏を囃し立てられ屈辱に耐えるある日、常治が買い出し先で出会った引揚者・草間宗一郎を連れ帰り、沈鬱する彼を療養目的で居候させる。給食費支払いも困難な生活を逼迫するゆえに草間を当初疎ましく感じた喜美子だったが、彼から人としての分別や柔道を教わり、草間も彼女に励まされ互いに打ち解けていく。一方喜美子は、大野家の一人息子・ 信作と、裕福な信楽焼窯元「丸熊陶業」の娘・熊谷照子から勉強を教わったり、一緒に柔道に励んだりし、友情を築いていく。, 5年後、教員が進学を勧めるほど成績優秀で絵が得意な中学3年生になった喜美子は、家計のため卒業後は丸熊陶業で働く予定であった。しかし卒業目前に、丸熊陶業から男社会を理由に内定を取り消され、事を知った常治は喜美子に大阪の「荒木商事」への就職を決めてくる。就職話を承諾するも信楽を離れる寂しさを感じた喜美子だが、常治が勧める丘から見える美しい夕陽を見て気持ちを切り替え、その場で古い信楽焼の欠片を拾って旅のお供として、大阪へ旅立つ決意を固める。, 喜美子は、社長・荒木さだの自宅兼下宿屋である「荒木荘」の女中の仕事を与えられる。当初、先輩女中の大久保のぶ子に、仕事は出来ないと見解され、彼女が促すまま信楽に帰ろうとした喜美子だったが、応援する母・マツの手紙を見て考え直す。大久保から休む間も無く仕事を命じられ、更にさだから「大久保が辞めるまでは見習いのため月給千円[注 3]と言い渡され、苛立ちながらも表には出さず、喜美子は真面目に仕事に取り組んでいく。ある日、下宿人の新聞記者・庵堂ちや子の会社から好条件な転職話が舞い込み気持ちが揺れる喜美子だったが、ちや子の働きぶりを知り自身の半人前な現状に気づいたことや、大久保のさり気ない優しさを知り「3年は実家に帰らない」と誓い、改めて荒木荘で働き続ける決意を固める。2年半後、大久保から引き継ぎ独りで荒木荘を切盛りするようになった喜美子は、貯金し美術学校への進学を目指していた。そんななか、下宿人の医学生・酒田圭介に恋をするが、彼が恋人の希望で転居し失恋。その後、志望校の講師で世界的芸術家・ジョージ富士川のサイン会で喜美子は、仕事で会場を訪れていた草間と偶然再会する。, 草間との別れの後、マツが倒れたとの常治の嘘を信じ信楽に駆けつけた喜美子は、理由を告げず帰郷を迫る彼に対し、荒木荘の仕事と進学への夢を理由に反発する。しかし、窃盗被害と仕事の不調で自棄を起こした常治の借金で荒んだ家庭事情を知り、急遽荒木荘の仕事を卒業し信楽に戻る。常治の交渉で丸熊陶業の社員食堂に再就職した喜美子は、絵付係の仕事現場を見て絵付け師になりたいと思い、更に絵付け師で日本画家・深野心仙の生き様を知り、弟子入りを望む。当初、修行の長さや家庭との両立の難しさなどから現状では無理と諦めようとした喜美子だったが、彼女の本音を知ったマツは協力に動き、妹たちは応援する。喜美子を早く結婚させ婿を取ろうと画策していた常治は猛反対するも、偶然深野と酒を交わし話すうちに喜美子の弟子入りを認めることとなる。, 修行を重ねて絵付け師の仕事をもらえるようになった3年後の昭和34年夏のある日、深野からの打診で喜美子は火鉢の絵柄をデザインする。デザインは照子の夫で次期社長候補・敏春の目に留まり採用されるが、利益を上げたい彼の画策で、喜美子は不本意ながら会社のマスコットガールに仕立て上げられる。程なく社長に就任した敏春は主力商品を従来の絵付け火鉢から植木鉢に移行し、絵付係の縮小を決定。深野と弟子たちはそれぞれ進路を見つけ旅立つことを決める。一人で絵付係を請け負うことになった喜美子は、高校進学を志望する末妹・百合子の学費のため、敏春に賃金引き上げを直談判。敏春に承認された喜美子は、深野から一人前の絵付け師と認められる。同時期、喜美子は新入社員・十代田八郎と親しくなり、彼から陶芸を教わるうちに相思相愛へと進展する。陶芸家を目指す彼との結婚に常治は不安を感じ猛反対するが、展覧会で受賞を条件に承諾。紆余曲折を経て新人賞受賞を果たした八郎は、川原家の婿養子になる形で喜美子と結婚する。, その後、喜美子と八郎は丸熊陶業から独立し「かわはら工房」を立ち上げる。昭和40年には大量注文も舞い込むようになり、長男・武志を育てながら夫婦で陶芸に勤しんでいた。同年の夏、常治が末期がんと診断され冬に死去。すれ違っていた喜美子と八郎は、葬儀後話し合い絆を深める。そんななか、東京で働いていた長妹の直子が会社を辞め帰省。恋人の鮫島正幸と大阪で商売を始めるため再び旅立つ。またジョージ富士川の講演会が信楽で開催。喜美子は諸事情で行けなかったが、八郎の計らいで再会を果たし、夫婦は彼から英気をもらう。そして4年前の受賞以来燻っていた八郎は翌年春の陶芸展で金賞を受賞。それまで陶芸職人に徹していた喜美子も、八郎の後押しもあり、初めて自分のために陶芸作品を生み出す。, 昭和44年、かわはら工房は八郎の陶芸作品の製造販売が中心となる。喜美子も陶芸を創作することはあるものの公にすることはなく、相変わらず八郎を支えていた。八郎は個展を開催し2人の弟子がつくようになるが、作品の売れ行きは不調で、関係者らから新作を促されるも傑作は出来ず、壁にぶつかっていた。銀座での個展開催に向け、八郎は創作に集中するために弟子らを解雇。その直後、松永三津がやって来て弟子入りを懇願する。当初固辞した夫婦だったが、三津が八郎の創作に良い影響を与えると感じた喜美子は、彼女が泥棒被害を食い止めてくれた礼として弟子に採用する。一方で喜美子も八郎を励まそうと陶芸を創作し、展覧会に出展する。しかし、上手くいかない自分の隣で、才能を発揮し進んでいく喜美子を目の当たりにした八郎は、同じ経験を持つ三津に「しんどい」と吐露。三津のアドバイスで八郎は初期の作風に戻り、彼女の話から和食器のディナーセットを作る事を思いつき創作に拍車がかかる。喜美子は変化した八郎に戸惑うある日、三津から八郎の本音を聞くも、彼の気持ちを理解出来ず、価値観を同じとする八郎と三津の仲や、三津が八郎に惹かれつつある様子に複雑な思いを抱いていく。結局、展覧会で落選した喜美子は、展覧会で受賞し八郎を喜ばす目標を掲げる。大阪就職前に拾った信楽焼の欠片と同じ、自然釉の陶芸を作りたいと思うようになった喜美子は、その為の穴窯設置を計画する。維持と使用に莫大な費用がかかることが判明し、計画見送りを考えた喜美子だったが、八郎に背中を押され、家族からも理解と支援を得て、設置を決める。やがて穴窯が完成し、期待を込めて初めて火入れをするが、結果は失敗。同じ頃、三津は八郎への想いを断つため、表向きは穴窯使用反対を理由に、かわはら工房を去っていく。2度目の穴窯挑戦も失敗し、多額の支出が続くことを危惧した八郎は、穴窯使用の中止を喜美子に説得する。しかし、家族の貯蓄を切り崩してでも穴窯を諦めようとしない喜美子に八郎は憤り、家出する。夫婦別居生活が始まった直後の3度の挑戦も失敗した喜美子は、百合子の勧めで12月末、息抜きがてら武志を連れて大阪に行き、ちや子の自宅を訪問する。そこで、荒木荘時代の人々と再会を果たした喜美子は英気を養い、再び穴窯への挑戦を胸に帰宅する。翌年、喜美子は信楽信用組合から借金しつつ失敗と研究を重ね、7度目の挑戦は穴窯を2週間炊き続ける事を決める。事を知った八郎は、穴窯が破損し火事になる恐れもあり猛反対するが、同時期に駆けつけた草間の応援を力にし、喜美子は実行に移す。八郎の予想通り穴窯は一部崩落するも応急処置で乗り切り続行、その結果12月、喜美子が目指した自然釉の信楽焼が成功する。, ちや子が穴窯成功を取材し女性陶芸家として名が広まった喜美子は個展を開催、昭和53年には後援会が出来るほどの陶芸作家となっていた。高校2年になった武志は進路に悩み続けるが、5年前に離別した八郎を訪ねて相談した結果、陶芸家を目指すことを決意。猛勉強を経て昭和54年春、京都の美術大学に合格し大学近くで寮生活を始める。同年夏にはマツが他界。既に百合子も信作と結婚し家を出たため、喜美子は独り暮らしとなる。武志が卒業し帰宅するも束の間、武志は自ら家を出て、信楽窯業研究所での釉薬の研究とゲームセンターでのアルバイトを掛け持ちしながら独り暮らしを始める。ある日、かわはら工房に資産家出身を名乗る老女・小池アンリがやって来て、初成功した自然釉薬の作品の買取を願い出る。喜美子が非売品と説明するも小池は聞き入れず、大金を積み重ねてでも作品を欲しがり根競べとなるが、最後には小池が諦める。そして喜美子作品に心酔する小池と話を交わすうちに喜美子も打ち解け、小池を川原宅に受け入れる形で一緒に暮らし始める。また、喜美子の本心を知った小池のアドバイスや、武志との他愛ない話から、自分が意識する以上に周囲が八郎との仲を気遣っていると気づいた喜美子は、再び八郎との距離を縮めていく。喜美子の作品と人柄に英気を養った小池からパリへの旅に誘われた喜美子だったが、工房に残り作品作りに精を出す。, 慢性骨髄性白血病を発症した武志と死別し、長崎へ移る八郎とも別れた喜美子は、今後とも作品作りに励むのであった。, オープニングはクリエイティブディレクターの川村真司が制作を手掛け、タイトルバック映像には作品テーマの「陶芸」ならびにメインポスターに登場する「つぼ」と「クレイ(粘土)」との親和性から川村の提案によりクレイアニメーションの手法が採用された。本編の世界観と繋がり、本編ストーリーの縮図であること、の2点を意識しつつ主題歌「フレア」の歌詞・リズムとの連動も重視して制作した絵コンテをもとに、1秒につき12コマ、90秒で1080コマで撮影が行われた[40][41]。, ろくろから粘土の少女が現れた後、いろいろなシーンが曲に合わせて作られ、最終的に陶器になる[40]。最後は陶器の横に胡坐する戸田で締められ、ここで週のサブタイトルと当日の話数が表示される。クレイ人形の少女はヒロインの喜美子をイメージし、少女の幼少期の友人や成長後に出会う仲間も本編の登場人物をモデルとしているものの、あくまでもモデルという考えから、見ている方が自分を投影できるように顔などはあえてあまり作り込まれていない[40]。, なお、出演者紹介などのテロップは画面左右に分かれて、縦書き表記である。これは2010年度後期『てっぱん』以来である。, 全話を通してアバンタイトルを使用している。最終話も通常のオープニングとなったが、これは2015年度後期『あさが来た』〈この時は、アバンタイトルなし〉以来である。, エンディングは「自信作できました!」と題して、視聴者から送られた手作りのユニークな写真作品を紹介している[43]。最終話のみ、手作りではなく主人公・川原喜美子の1ショット。, 2020年2月24日- 2月29日放送の第21週は特別編と位置づけられ[注 12]、磯貝忠彦役を演じた三谷昌登が脚本を担当[注 1]。「スペシャル・サニーデイ」と題し、カフェ「サニー」を舞台に信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)夫妻を中心とした昭和58年のある一日の大野家(マギー、財前直見、林遣都、福田麻由子)の物語[69]を中心としたストーリーになっている(展開に関連して回想シーンも多く含む構成)。事実上の「スピンオフ」[70][71]と評する記事も存在する[72]。この週は喜美子は回想シーンにしか登場しない。, 福引き大会で信作が当てた温泉ペア招待券。有効期限である昭和58年5月8日(日曜日)、百合子の強い勧めで、忠信と陽子が桜と桃を連れて有馬温泉の旅館へ日帰り旅行に行くことになる。代わりに「サニー」で「1日マスター」を務める信作と百合子の元へ、さまざまな客が訪れる。, 2019年3月28日、舞台となる甲賀市信楽町ではこれを機に地域を活性化するため、「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会を発足[73]。協議会では、ロケの円滑な推進、観光客の受入れなどを行う。9月5日には、土産品やチラシなどのPRをするため、ロゴマークを作成。陶芸に使用する火や甲賀の山々をイメージしたデザインにフランス語でスカーレット(緋色)を意味する「Ecarlate(エカルラート)」の文字を添えている[74]。9月29日から信楽高原鐵道でラッピング列車の運転が開始[75]。, 信楽伝統産業会館の来館者が1月は約1万4千人と前年同期の約13倍に達し、信楽を訪ねる人が増えている[76]。, 本放送の前座番組『NHKニュースおはよう日本・関東甲信越』で2017年4月から定期的に開始された高瀬耕造アナウンサーらによる「朝ドラ送り」について、2019年9月26日、前作『なつぞら』の「朝ドラ送り」の模様を同番組スタッフが番組公式Twitterで「今回は特別に!」とアップ[77]したところ、視聴者・閲覧者・朝ドラファンから「いつも見られないので嬉しい」などの声があり、これを受ける形で本作初回(9月30日)から同Twitterで本格的に投稿が開始された[78][79][80][81][82]。さらに、2020年3月2日以降はネット配信のNHKプラスで視聴可能になる。, 本編終了後の5月18日 - 22日(20時42分 - 45分)、大阪放送局管内のみの放送(全国放送:5月31日02時05分〜15分)であるが、「スカーレット」の出演者だった松下洸平と桜庭ななみが、全編リモート制作ドラマである『ホーム・ノット・アローン』で再び共演した[83]。同ドラマのネットオリジナルの「第0話」や、本編にないアナザーストーリー、撮影の裏側など、本作品「スカーレット」のツイッターアカウントから発信されている。, ビデオリサーチ調べの平均視聴率(世帯・リアルタイム)は、初回が20.2%を記録。初回視聴率20%超えは2017年度後期『わろてんか』から5作連続維持となった[84]。番組最高視聴率は2019年10月12日放送第12話の22.4%である[85]。, しかし、週間平均視聴率20%超えを達成した週は第2・6・7・最終週のみで平均18 - 22%内を推移し、結果として期間全体の平均視聴率は19.4%を記録。期間平均視聴率20%割れとなったのは2015年度前期『まれ』以来9作ぶりとなった[85]。, なお、NHKウイークリーステラ臨時増刊として近年すべての朝ドラ作品で刊行されてきた「メモリアルブック」の発売予定は、2020年3月時点では立っていない。, 01.