思わず立ち止まって見てみると,カレー,カツ 該当のエリア・駅が見つかりませんでした。入力内容を変更して、再度検索してください。, 夜の予算 6勝6敗: おくりたおし: 霜 鳳 6勝6敗: 高見盛 6勝6敗: つきおとし: 光 龍 3勝9敗: : : 豊真将 6勝6敗: おしだし: 猛虎浪 5勝7敗 : 豊 響 9勝3敗: よりきり: 阿 覧 8勝4敗 黒 海 4勝8敗: ひきおとし: 玉乃島 6勝6敗: : : 栃乃洋 4勝8敗: かたすかし: 翔天狼 3勝9敗  八百長問題の影響で昨年5月は夏場所の代わりに技量審査場所が無料公開されたため、興行としては2年ぶりの開催。, 貴景勝&照ノ富士が全勝キープ 琴奨菊の引退の意向に「教え忘れず」「刺激をもらった先輩」, 松山英樹 1差6位2日連続60台 9度目出場でV最接近“連戦”こなしてショットさえた. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. ¥1,000~¥1,999, リクエスト予約希望条件をお店に申し込み、お店からの確定の連絡をもって、予約が成立します。, 1,766ログ 続きを読む», 696ログ 金星(きんぼし)とは、大相撲で、平幕の力士が横綱と取組をして勝利することである。このため、三役以上(小結以上)が横綱に勝っても金星にはならず、普通に白星と呼ばれる。, 『金星』という言葉は大正期から見られ、1930年(昭和5年1月)に金星は昇給の対象とされた。, 金星を獲得すると力士褒賞金の支給標準額が10円の増加となる。これは、勝ち越し20点分に相当し、獲得場所に負け越しても本場所ごとの褒賞金の支給額が、10円を4000倍した4万円まるまる昇給となる。ただし、不戦勝や反則勝ちの場合は金星扱いにはならない(2003年(平成15年)7月場所5日目、横綱朝青龍の反則負けに際して、勝利した前頭2枚目旭鷲山に対し金星不適用が確認された[注釈 1]。2014年(平成26年)9月場所4日目に、横綱日馬富士の反則負けに際して、勝利した前頭3枚目嘉風にも金星は適用されなかった[1])。また、勇み足など非技・勝負結果での勝利は金星になる[2]。, また、優勝決定戦での勝利も、それ自体は番付の昇降や持ち給金にはかかわらないものなので(優勝によって30円の昇給にはなるが)、これも金星にはならないと考えられる。なお、過去に決定戦での平幕-横綱戦は7例あるものの(一騎討ちは4例)すべて横綱が勝っている。, 勝ちを白星、負けを黒星と呼ぶことから生まれた表現であると思われる。また、大関に勝つことを俗称として銀星(ぎんぼし)ということがあるが、これは公式記録として集計されず、昇給にも関係しない。しかし銀星や三役力士が大関や横綱に勝った場合でもアナウンサーからインタビューは受ける。, 金星を獲得した力士はその場所の勝敗数にもよるが、三賞、特に殊勲賞の選出対象となりやすい。, 1場所で4個金星を獲得した力士はいないが、金星にはならないものの類似する記録として、大関および三役在位中に4横綱を全て撃破した力士に佐賀ノ花(東冨士、前田山、照國、羽黒山)と若ノ花(鏡里、吉葉山、栃錦、千代の山)の2人がいる(ともに大関在位中)。また、同じく三役在位中に3横綱を総なめした力士として、1984年3月場所の大乃国康(倒した横綱は3金星獲得と同じ)、2019年1月場所の御嶽海久司(白鵬、鶴竜、稀勢の里)など8人(関脇6人、小結2人)いる。大関在位中に1場所で横綱を3人以上撃破した力士は13人おり、平成以降では霧島・琴奨菊・稀勢の里の3人が記録している。, 年六場所制以降、6場所を皆勤してのものとしては、2020年現在まで未記録。年間金星配給最少の記録は1で、大鵬はじめ複数の横綱が記録している。また年間に限らない連続6場所皆勤しての金星なしは白鵬の3回を筆頭に、大鵬、玉の海、北の湖、2代若乃花がそれぞれ1回ずつ記録している[注釈 25]。惜しかった例としては1971年の玉の海と2011年の白鵬で、玉の海は9月場所まで金星無しの後の現役死、白鵬は技量審査場所を含め金星配給無しだったが、この年は八百長問題による春場所中止で年5場所だった。, 単純に「金星配給数÷横綱在位場所数(全休場所等も含める)の見方で、1958年・年6場所制移行後の横綱として「金星配給率」の最も多いのは栃ノ海晃嘉。在位17場所で33個配給は、一場所平均約1.94個になる。それに次ぐのは若乃花勝(在位11場所・18個配給、一場所平均約1.64個)で、以降は琴櫻傑將(在位8場所・12個配給、一場所平均1.50個)、稀勢の里寛(在位12場所・18個配給、一場所平均1.50個)、旭富士正也(在位9場所・12個配給、一場所平均約1.33個)が続く。, なお通算の金星配給が53個で歴代最多の北の湖敏満は、横綱在位も63場所と長く、配給率では一場所平均0.841個となっている。, 1957年・年6場所制以前の横綱では、男女ノ川登三(在位12場所・22個配給、一場所平均約1.83個)が最多で、宮城山福松(在位17場所・29個配給、一場所平均約1.71個)、鏡里喜代治(在位21場所・31個配給、一場所平均約1.48個)、前田山英五郎(在位6場所・配給8個、一場所平均約1.33個)、朝潮太郎(在位16場所・配給20個、一場所平均約1.25個)が続く。, 逆に、「金星配給率」の少ない横綱は2020年11月場所終了時点で現役の白鵬翔で、在位79場所中で金星配給は26個、一場所で平均約0.329個という驚異的なペースを保っている(2019年7月場所時点歴代1位、2020年11月場所現在歴代2位)。また、これまでに皆勤10場所連続金星なしを1度、6場所連続以上を3度記録している。, その他の金星配給率の少ない力士は、玉の海正洋(在位10場所・配給3個、一場所平均0.30個)と玉錦三右エ門(在位12場所・配給4個、一場所平均約0.33個、年6場所制移行前)という二所一門の先輩後輩だが、この2人共に力が衰える前に現役のまま早世した。栃木山守也は現役中に早世したわけではないが、在位15場所に対し5個しか配給せず、一場所平均0.30個であった。彼ら以外での最少は大鵬幸喜(在位58場所・配給28個、一場所平均約0.48個)で、千代の富士貢(在位59場所・配給29個、一場所平均約0.49個)、朝青龍明徳(在位42場所・配給25個、一場所平均約0.60個)、北の富士勝昭(在位27場所・配給17個、一場所平均約0.63個)が続く[注釈 26]。, その他、年6場所制移行前には太刀山峯右エ門など、10場所以上在位しながらも金星を全く配給しなかった横綱も存在する。, 珍記録としては、金星配給率が「一場所平均でぴったり1」の横綱が昭和以降で3人いる。東富士欽壹(在位20場所、金星20個)、佐田の山晋松(在位19場所、金星19個)、双羽黒光司(在位8場所、金星8個)。, 現在では横綱が敗れると会場全体から座布団が舞う。金星を挙げた力士に対する賞賛の意味であるが、実際は土俵上の力士や行司、またその他の観客に座布団が当たるなどして怪我の恐れがあるため、館内では投げないようにと放送が流れる。, 近年は、座布団同士を繋ぎとめて投げられないようにするなどの対策が取られており、2010年11月場所で稀勢の里が白鵬の連勝記録を止める金星を挙げた際には、座布団が舞うことはなかった。一方、歴史や文化的観点からこのような対策が取られることに苦言を呈す者もいる[4]。, 『大相撲ジャーナル』2014年12月号25頁には「前例が無かったため協会も記録の扱いに困り、金星不適用を正式発表するまでに5日を要した」という趣旨の記述がある。, 当場所の優勝力士で最終成績は12勝3敗。この3敗はいずれも金星配給を伴い、しかも3日連続という、非常に珍しいケースである。, 64年3月の新横綱場所から、最多連続記録にもなる。途中休場した64年11月・65年11月場所を、それぞれ2個と1個の金星配給。全休3場所(66年1・7・9月)を挟んで66年11月場所まで14場所連続、同場所で引退。横綱在位中、全休を除いた出場全場所で金星を配給した。, 当時年4場所制。55年1月場所は新横綱。55年9月と56年5月の2場所は途中休場、それぞれ2個と4個の金星配給。, 2000年7月場所を途中休場、翌9月場所を全休。01年7月場所から02年7月場所までを7場所連続全休。01年5月に平幕力士(, 新横綱場所から2場所連続全休(1不戦敗29休)、1954年5月場所初日に平幕の二瀬山に不戦敗あり, 白鵬には10場所連続と7場所連続があり、数え方によっては8回に相当する。同様に玉の海と北の湖は2回相当。, 2021年1月場所以降も白鵬が現役を続けて1場所毎に1個のペースで金星を配給し続けると、大鵬の配給ペースを上回るのは年6場所制が継続するものと仮定すると, 大相撲巡業に帯同した明治時代の女旅役者「おかる」に由来しており、大変な不美人だったという。朝日新聞2014年7月12日25面, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=金星_(相撲)&oldid=80312299, 金星を上げる - 勝てないと思える相手に勝利する事。または、絶対に勝つ事を必須としている勝負事に勝利する事。明らかに勝てないと思えた相手に勝利した場合は, 高見山大五郎(柏戸剛、佐田の山晋松、北の富士勝昭、琴櫻傑將、輪島大士、北の湖敏満), 安芸ノ島勝巳(千代の富士貢、北勝海信芳、大乃国康、旭富士正也、曙太郎、武蔵丸光洋), 最高位が関脇以下で横綱戦での勝利経験があるものの(三役在位中に横綱に勝利)、引退まで金星を獲得できなかった力士が6人いる。時天空、普天王、琴稲妻、若翔洋、水戸泉、佐田の海(父)である(2020年9月場所終了時点での現役力士では、千代鳳が該当)。, 年6場所制以降に誕生した横綱のうち、柏戸・輪島・武蔵丸・鶴竜の4人は金星獲得経験がない。, 元大関で昇進前に金星獲得経験がなく、陥落後に初めて獲得できたのは能代潟・貴ノ浪・雅山・琴奨菊の4人。, 武蔵丸(2001年9月場所)は当場所11日目で5個目の金星を配給するも(6勝5敗)、千秋楽まで皆勤し9勝6敗。, 稀勢の里(2017年11月場所)は当場所9日目で5個目の金星を配給し(4勝5敗)、翌10日目から途中休場(4勝6敗5休)。.