確かに不思議に聞こえますが、私にはやはり宗教の名の下に行われる詐欺行為に見えてしまいます。湖の底に大量の肉食系の魚が生活している可能性が高いでしょう。あの巨大な影は、血肉に惹き付けられた魚の群れだと思われます。同時に、祭祀用品は黄色のローブを着ている聖徒が準備しているため、毎年村人たちはその聖徒たちに貢ぎ物を捧げているそうです。この利益の傾向で、「聖徒」たちの行動が疑わしくなります。

黄衣の王(IdentityV)がイラスト付きでわかる! 黄衣の王とは、「IdentityV」に登場するハンターである。 うわさ 太陽が湖へと沈み、黒々とした星々が空に昇ると、ボロの黄衣をまとった使者が、湖底から蘇る。 彼に名は無く、好奇心に満ちた魂を求めている。

この手紙を書き終えた後にボルガーも失踪、家に帰れることはなかった。 やはり触手を有効に使えなければ立ち回るのは厳しいため、生やすのに適した場所の知識や的確に生やし使うプレイヤースキルが要求される。 祭司がアーサー・ラッセルに調査を依頼したため、ボルガーは調査員としてアーサーの指示を受け湖景村に派遣された。

ひょっとしたら、最後は父が追求していたあの答えを得られるのかもしれません。 差出人「ボルガ―・ベルグルンド」が湖景村に訪れた理由は祭司の誕生日タスクに関係している。 協力狩りモードにおいても強力な性能を誇る。なにせあちらこちらにサバイバーがいる性質上触手が溜まりやすい上、自動生成される触手の数も多いので気づけばあちらこちらに触手が生えまくっていることもあるので攻撃の手数を稼ぎやすい。触手の位置でサバイバーの動向を推測する手がかりを得られたり、また触手の遅延効果もプレッシャーを与えられるので、協力狩りモードでは最強の一角と言っても差し支えないだろう。, 通常攻撃の範囲は広いが硬直も長いため、空振りで時間を食いやすいことなどが弱点。

親愛なるダレン:

長距離ワープを作る際に観察呼び掛けモードを使用することで、相手を選べるだけではなく仲間の位置を把握することができる。(※直接呼び掛けモードは基本的に使わない方がいい) プレイヤー間の通称は「タコ」だが、ファン(信者)には「ハスター様」と呼ばれている。, サバイバーが警戒半域に長く留まりすぎる・攻撃を受ける・巡視者に噛みつかれる・調整失敗・仲間ダウンあるいはロケットチェアに座ると恐怖を感じ、深淵の触手が生成される。 Last-modified: 2020-11-07 (土) 23:39:40 .

また、先ほども述べたように、私は徐々に炎の穴に近づいています。一晩過ぎていく毎に、真相との距離が一歩近づいているのでしょう。

ここには、私が下宿したあの家の者以外は、余所から来た人はいませんでした。

敬具 ボルガー・ベルグルンド アイデンティティV第五人格(Identity V)に登場するサバイバー・祭司フィオナについて詳しく紹介しています。祭司フィオナのスキルや立ち回り方を知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。 アイデンティティV第五人格攻略班 2019/04/04 13:08. 救助職に暗号機をあらかじめ繋げておくだけでも暗号機の引き継ぎがスムーズに行えたり、救助後に被救助者がそこに逃げ込めればトンネル回避も見込めたりするのが強い。, 実際の祭司は膨大な知識とワープ設置の精度を要求される上級者向けのサバイバーである。, 通電後の瞬間移動対策として両ゲート近くに貼れるワープは、他のマップと比べてかなり強い, 観察呼び掛けモードを使用することで、相手を選べるだけではなく仲間の位置を把握することができる。, タップすると、選択した位置に直線の通路が生成される(開始時に2個所持。70秒で1個獲得し、同時に3個まで所持できる), タップすると、指定された仲間に呼び掛ける (ちょん押しした後にカメラを動かす事で味方を選ぶ事ができる), 呼び声に反応した仲間がボタンをタップすると、一定時間後に2人の位置を繋ぐ長距離の通路が生成される(開始時は30秒で1個獲得し、それ以降は150秒で1個獲得する), マップ構造への依存度が強いワープ能力がメインなので苦手なマップも存在するが、基本的にはチェイス・救助・引継ぎ解読・立て直しなどサバイバー単体として出来ることはダントツで多く、試合全般に渡り活躍が見込める。そのため、, 開始時に通常ワープを2個所持している。板窓デバフはあるものの、ファーストチェイスでも, 特に2階建ての建物がある場所での上下ワープチェイスはかなり強い。板窓もからめればワープがあるかぎりハンターが追い付くのは至難の技である。, 通常ワープを利用した地下室救助が非常に強力。地下室があると扉の鍵のアイコンが反応するので、目視しなくても地下室の存在に気づきやすい。, ハンターに見つかりにくい場所から地下室に行けるポイントがある(例えば小屋にある地下室の場合、小屋の外から地下に降りることが出来る)。あらかじめカスタムモード等を利用して把握しておきたい。1階でキャンプしているハンターにも対応できるため必ず覚えておこう。, 以前は聖心病院内地下などの、2階から地下にワープを貼り移動出来るポジションがあったが、2020年8月のアプデで貼れなくなったので注意。, 赤の教会はマップが狭いものの、中央の教会や東側にチェイス補助のための通常ワープを活かせるポイントがいくつかある。, ただし何処も定番とも言えるポジションのため、ハンターに動きを読まれやすくチェイス中にワープを作成しようとするとスキルで狙い撃ちされる可能性が高い。予めワープを作っておくことが推奨される。. 補足

元々自動で生えてくる触手や生やした触手が向いた方向にサバイバーがいる(※ダウン中含む)という性質から索敵において強みを持っていたため、総合的なスペックはかなり高いものとなっている。 ヨグ=ソトース……サバイバーの祭司が信奉している、ハスターの親とも言われている。 調整により触手でダメージを受けたサバイバーがダメージモーションをキャンセルして救助できるようになったため、以前ほどの救助狩り性能ではなくなってしまったこともやや向かい風。しかし中距離キャンプなどでカバー可能な他、ダブルダウンの狙いやすさは未だ健在である。, Pixiv内では、二次創作で占い師と一緒にいるのをよく見かける。 アイデンティティV(第五人格/identity V)のサバイバー 「祭司」の評価や立ち回り についてご紹介していきます! 「祭司」.

スキルボタンを長押しすると視線中心にいる触手が一番近いサバイバーを襲撃する。 触手の周囲ではサバイバーの各種行動に若干のデバフがかかるようになったことや、触手の当たり判定自体も改善されており、弱点らしい弱点がない。 人々はそれを黄衣の王と呼び、その姿を確かに見た者はいない。 所持アイテム. 彼は災難と苦痛の化身であり、好奇心に満ちた者は常にその跡を追い、世界の真相に辿り着ける啓示を見つけようと試みている。, 一通の送りだしていない家書 が強化されました。 ワープの回数制限が撤廃され、長距離ワープの受け取り相手を指定できるようになったのです。

本名: フィオナ・ジルマン . \いあ!いあ!はすたあ!/, IdentityV 第五人格 願いが叶ったのは、人為的な干渉と偶然な出来事が作り出した現象だと私は推測しています。なにしろ、屋根が雨漏りするなどといった小さな願いは、あの「聖徒」たちなら明らかに解決することが出来るからです。

慌ててワープを使うと余裕で迂回可能な全く時間を稼げないワープを生成してしまうことも多い。(通称: よくやりがちなミスとして、チェイス中の仲間に向けて長距離ワープを飛ばす行為が挙げられる。立ち回りにもある通りこれで仲間の補助は出来ないどころか、貴重な長距離ワープを無駄打ちして不利な状況を作ってしまう。ランクマにおいても低ランク帯でしばしばこのような祭司を見かけるので、野良の祭司の場合やや安定しにくい。, 祭司の場合はそこまで複雑な理解を求めないものの、長距離ワープを送った相手がワープを貼れる場所を把握していないと無駄打ちになる可能性がある。150秒ものCTは馬鹿にならないので、不発に終わると試合展開がかなり苦しいことになる。, ダウンしているサバイバーも受け取ることが出来るとはいえ、それを理解して壁越しにダウンしてくれるとは限らないので、野良において危機一髪によるダウン確定の仲間、写真世界の影響でダウンする仲間を助ける方法としては不安定。, 祭司は建物や大きなオブジェクト周りでのチェイスでは他のチェイスキャラにも劣らない無類の強さを誇るが、そういったものが近くにない場合、素のチェイス力が求められることも多い。そうなると窓板操作のデバフが痛く、場合によっては即死をとられることも。, 狭いマップでは、長距離ワープをトンネル回避やゲート間を繋ぐために使った場合、すぐにハンターに追いつかれる可能性がある。また、暗号機の引き継ぎにワープを使った場合、解読速度10%デバフがあるため100族が普通に移動したときとそれほど変わらない可能性がある(ほとんど差がつかないならチェイスや救助に特化したアイテムが使えるキャラの方が良い)。, 室内でワープを使っても通常の窓を使ったチェイスとほとんど大差が無いポジションが多く、このマップで祭司を使うにはワープが有効である場所を予め把握しておく事前知識が要求される。それができないプレイヤーが軍需工場で祭司を使うのは自殺行為に等しい。少なくともワープを使い切っても1台分も持たない練度では通用しないだろう。, チェイスや救助の際に長距離ワープで逃げてもスキルを使えば容易に追い付かれてしまう。, 「長生」を携帯するとワープの見た目が明るい緑色になり、かなり目立つようになる。ハンターからも, ハンターに接近された仲間が長距離ワープを作った場合、祭司がワープ先に移動した直後に, 一応、遠距離ワープを作成した際に祭司がワープに吸い込まれないようにするテクニックが存在する。壁の終点などの前に立ち、うまくカメラを動かして祭司から見て縦にワープが出現するようにすれば良い。要練習。, 機械技師などのアイテムであるロボットは直接呼び掛けモードを使わないと長距離ワープを受け取れない(, 衣装「神聖な光」を使用していると壁越しに所持している扉の鍵が光るエフェクトが表示されて場所バレし、チェイスで大幅に不利になってしまう。, 開始時は板・窓の操作速度が遅いキャラでありサポートが主な役割のため、できる限り隠密する, その他の場所の暗号機でも解読する際には、自身の退路を確保するためにも距離をとれる場所にワープを作っておこう, 仲間のチェイス補助をするためにも、ここにワープがあったらハンターから距離がとれるという場所にワープを作っておく, 万が一ハンターが長距離ワープを壊しに来たり、瞬間移動で飛んできても救助職であればチェイスを伸ばしやすい, 長距離ワープを繋いだ位置はハンターにばれてしまうので、できればファーストチェイスが始まってから使った方がいい, チェイス中の仲間に長距離ワープを繋いでもワープを作る暇がなかったり、作ることができてもすぐに壊されたりすることが多い, 長距離ワープを繋ぐことができたとしても、短所の欄にもある通り、ワープ先で祭司自身が殴られたりワープを壊されたりと事故が起こる可能性が高い。チェイス中の仲間がうまくワープに入れることの方が少ない, 観察呼び掛けモードにより仲間の影を確認することでチャットがなくても行動を把握することができるので活用すること, ロケットチェアの裏にオブジェクトがある場合は、ロケットチェアを挟むようにワープを作ることで、目の前でキャンプしているハンターならワープに入らせることも可能, 救助前に救助職などにあらかじめ長距離ワープを繋いでおくことにより、救助時の危機一髪による20秒間を利用してワープに入ることができればトンネル回避を見込める, 逆に祭司自身がトンネル対象になっている場合、次飛びの状態でトンネルされた時には長距離ワープが余っていることが多いだろう。救助に危機一髪が使われており、かつ救助者と連携が取れる場合自分が長距離ワープを繋いでいる時に肉壁をしてもらい強引に時間を稼ぐと言う方法がある。, 以前は長距離ワープの隣に通常ワープを設置しておき、その通路を通らせれば残像が消え攻撃を受けるリスクを軽減できたが、, 長距離ワープの残像に攻撃された時、本体が暗号機解読中や他のサバイバーの治療中、板窓乗り越え中だと恐怖の一撃になる。ダウンを取られてしまう&存在感を一気に溜められてしまうので注意。, 通常ワープで逃げ、そのワープにハンターが入ろうとした瞬間に再度ワープに入ると行き違いが起き距離を離せることがある。(通称入れ違いワープ)ギャンブル性は高いが決まれば非常に強力なので読み合いを発生させていこう, 暗号機に重なるように長距離ワープを繋ぐとハンター視点からはとても見えづらく見失う事がある, 通常ワープに重なるようにして長距離ワープを繋ぐと長距離が完成した際に祭司本体は通常ワープの方に吸われるので無駄な攻撃を受けないで済む, チェイス中、ワープを繋げた先に板があるような場所にワープを設置すれば、ハンターが移動気絶した際に確定で板当てすることが可能。, この『ワープに入る直前に香水を振る』という部分を応用すれば、長距離ワープの残像を消すことができる(通称:残像消し)。.

イー・ト・ラー……ハンターの夢の魔女の元ネタ、クトゥルフ神話の神性。, 過去に黄色のコートを纏い、顔つきが覗えない使者が現れ、とある王朝に訪れるであろう大きな災難を予言していた。