0000178373 00000 n  といった内容に焦点を当てます。  金型の構造にはいくつかの種類がありますが、よく使われている可動ストリッパ構造を例に説明します。【図1】に示した金型のプレート構成は、可動ストリッパ構造の最大構成を示しています。, プレス金型に使われている超硬合金は、タングステン・カーバイド(WC)とコバルト(Co)との合金です。材料の主体はWCで、Coはバインダー(接着剤)の役割をしています。Co量は5〜25%範囲でです。  固定ストリッパ構造では、パンチの位置や垂直はパンチプレートで作られます。そのためにはパンチは、, ダイプレートはダイを構成するプレートです。最もシンプルな形が【図1】に示した一体型構造です。ダイとして必要な形状を全て作り込みます。プレートを小さくすることができます。必要精度を作り込む必要があること、メンテナンス(再研削)のときにプレート全体を研削するので、だんだん薄くなってしまう。等の問題があります。中量から少量に適した形といえます。, 【図1】を見て下さい。ダイの上に被加工材(材料)があります。材料はダイの上に配置された各加工ステージをふらつくことなく、滑らかに移動する必要があります。そのための案内(ストックガイド)が必要です。ストックガイドは材料幅を案内しますが、材料の横曲がり(キャンバ)や切断幅公差を考慮して、滑らかに動くガイド幅を設定します。ゆるすぎると不安定になりますが、さらに細かな位置調整は、パイロットにゆだねるこ, 繰り返しの話になりますが、プレス加工に用いる金型ではパンチ、ダイが重要な部品となります。 鋳鉄  【図1】にプレス機械精, 【図1】は、プレス機械のストローク送りの関係を示した図です。  【図2】は標準的なブランク抜き型の構造を示しています。固定ストリッパ構造の金型です。 その方法は多くありますが ここは代表的なものを書きたいと思います。, 1抵抗を増やして型開きを遅くする方法  【図1】が、板ガイド方式のダイプレートを示しています。板ガイドは長い距離を押さえるので被加工材の振れをしっかりと押さえ、安定したガイドをすることができます。このことは反面、ガイド部が長すぎると、被加工材送りが固くなり、送りミスを発生させる原因となることも, 【図1】に示すレイアウトを参考にして、切り欠きを中心とした順送り加工でのクリアランスについて説明します。, 前回の例を引き継いで解説します。  そ, 前回は板ガイドについて解説しました。今回はピンガイドについて解説します。 V�o�o ���`}!�� �� K0j0�19��j��XƠ��W�"��Aށ3�y�D�x����*�1060La�. 0000187980 00000 n x�b```c``�$c}�@��(����a�`�&�>h^$Pt�j:hᙵf�n/��~�,A��a��z�n5�8u\��zcӫ�+�U�1y|�U� Copyright © MISUMI Corporation All Rights Reserved. 0000215073 00000 n  リフターは、材料と接する面の角には丸みを付け、角を作らないようにします(【図1】参照)。材料へのキズ対策です。 プラスチック用の金型構造は大きく2つのタイプが存在します。 ・2プレート金型 ・3プレート金型 .  下型平面図では、加工の推移や材料ガイドの関係が分かるように示します。ストックガイドは材料を金型に最初に入れるときに、傾いて入らないように材料幅に対して長めに設定します。材料が金型, 切断加工は1本の線で分離するせん断加工です。【図1】は、切断を利用した順送り型のパンチとダイの関係を示したものです。 0000178178 00000 n 0000207837 00000 n  内容を【図1】で説明します。  かす詰まりが起きると、す, 【図1】が総抜き型の基本的な構造といえます。  加工後の製品は、加工前の形状の内側が外形になります。このようにすることで製品の材料は大きく動かされ、絞りのストレスが変化し、通常の絞りより大きな減少率が得られます。, 再絞り加工も回を重ねると、径の減少率は小さくなります。そのために内径ガイドが弱くなり破損しやすくなるために使えなくなりますが、径の減少率が小さいために絞り側壁部分の座屈の心配が無くなるので問題はないのです。このような再絞り型構造を【図1】、【図2】に示します。  ミスフィード検出は、パイロットが送られてきた材料の位置修正ができない状態になったときに作動するようにセットします。したがって、パイロットに先行して働かせるため、パイロットより長く、また細くなければいけません(パイロットの矯正量の範囲内で)。ミスフィード検出ユニットの一般的な形は、ミス検出ピン、リレーションピン及びマイクロ, パイロットは【図1】(a)に示すように、金型内にある材料の最終的な位置決めをします。金型内には、送り装置や人の手などで材料は送り込まれますが、ある程度の誤差が常につきまといます。その誤差を、製品に影響ないところまで修正することを求められます。材料の位置の修正は、パイロットの傾斜面で材料を滑らせて移動します。斜面の形には(b)に示す砲弾形と(c)に示すテーパ形があります。砲弾形は上下移動量に対し, 丸以外の形状では、パンチプレートへの植え込み部(シャンク部)を四角または異形状にすることが多くなります。ブロックパンチの代表的な形を【図1】に示します。  切断加工を利用した順送り加工のストリップレイアウト(レイアウト)は【図1】に示すような形となります。, パンチは【図1】に示すようにパンチプレートで保持され、加工に伴う加工力を軸方向に受けます。パンチプレートは水平方向の位置決めが目的ですから、軸方向にかかる圧力に対しては何の効力もなく、細いパンチではそのために、パンチホルダーに食い込むことがあります。このようになるとすきまができ、パンチはプレス加工のつど上下に動くようになり、つば部の破損原因となります。 このサイト内にて、ミスミグループの機械設計会社である株式会社ダイセキの技術士、孝治氏による「ダイセキのメカ設計道場」が展開中です。ピックアンドプレースユニットの設計を通じて装置設計に必要な計算や検討事項などが学べます。知識向上にぜひお役立てください。, 3DCADデータアップロードで、即時見積もりと加工、最短1日出荷のmeviy(メヴィー)。  シャンクは柱状をした部品で、比較的小さな金型の上型を、プレス機械の, 打ち抜き(ブランク抜き)加工では、ブランク形状とブランクパンチ形状は同じ形にします。そのときにブランクパンチ寸法は、ブランク寸法よりクリアランス分小さくします。, (1)金型の概要 ランド部の側面摩耗が激しくなりバリがでやすくなる。  【図1】に示した構造は、パッド曲げ構造と呼ばれることもあります。パッドとは図の中にあるノックアウトを指しています。ノックアウトのない、単にダイがU字形状に加工されただけの構造もあります。「自由曲げ構造」と呼びます(V曲げ構造と同じ形になります)。, 【図1】はL曲げ構造の金型を示しています。  (a)は、ストレートタイプのものです。パンチ断面が大きいときのもので、作りやすい形です。 マッチングはどうするか。  (b)のパンチでは、ストリッパボルトを外してからストリッパプレートを外し、上型を反転して、パンチ止めねじを, 金型を構成するプレートのねじ止めは問題が無いように思えますが、金型の組立やメンテナンスの際に作業がしずらいとのクレームが入ることがあります。  構造がシンプルであり、作りやすい機械であることから普及しています。クランク軸にはエキセン軸と呼ばれる形もありますが、最近では軸の形にこだわることは少なくなっています(プレス機械の完成度が高くなり、仕様を確認することで必要機能を満足できるため)。  パンチ、ダイの型材質はSKS→SK, 金型精度は、一般的には製品の寸法精度や形状精度を「物差し」として使っています。厳しい許容差を要求される製品、例えばICリードフレームやコネクターなどは高精度を必要とする製品で、それを加工する金型を高精度金型と認識しているように感じます。この点に異論をはさむ人はいないと思います。