1440p 60以下ならいける感じ。, 交換の前後で、内蔵GPUがIntel HD Graphics 2500って点は変わらない。, そもそも、高画質な動画とかゲームとかを本格的に楽しみたい人はグラフィックボードってのを用意するのかな。, VirtualBox上でAndroidとかLinux関係を動かす。この時の体感の変化が一番大きかったかな。4コアになったことで、仮想環境に回せるコア数(プロセッサ数)が単純に増やせたので。, VirtualBoxでプロセッサ数を2個割り当てることを初めて体験。今までは大元のパソコンが2コアだから当然1個までしか設定できなかった。2コア割り当てると、かなり体感が違う。Androidの初期設定の段階でサクサク。, マウスカーソルが普段のパソコン上に近い速さで動いてくれる 今までは重い動きだった。, オークションやフリマのアプリもまあまあいい感じに操作できる。固まりかけて待たされることがあまりない。Core i3で1コア割り当ての時は、ひどいとAndroid自体が落ちて?勝手に再起動することもあった。, Ubuntu18.04 64bitのLive起動も試してみた。プロセッサ(コア)2つ割り当て。起動は速く感じたけどFirefox起動でいきなり固まる…。メモリを2GBしか割り当てない設定がわるいのかも?と、4GBに増やしてみたらそこそこになった。Ubuntu上のシステムモニターでメモリの使用量を見たら、何も起動してなくても1.7GB(GiB)を使っている。やっぱりメモリの設定上げて正解だったかと。ちょっと試す分には4GBじゃなく3GBでも良さそうかな。, Lubuntuであれば、i3の時のプロセッサ1つ割り当て設定でもそんなにストレス無く動いてた印象がある。Ubuntuだとその設定ではさすがに厳しかった(でも、その時はメモリ設定の変更は試してなかったからどうなんだろ。今更CPUを戻して確認まではしたくない…), グリスの塗り方がかなりテキトーだったこともあってか少し不安はあった。でも大丈夫かな。, SpeedFan 4.49でコア温度を見ると、30度台で推移。負荷がかかった時だけ40度くらいまでいくけど、すぐまた下がる。, ファンはパソコン全体で1つだけ動かしている。サイドフローのCPUクーラーの前方に付けてる500回転固定のものだけ。ケースファンは全く回していない。夏場になって温度が厳しそうなら、今は止めているパソコン背面のファンも回すなり、グリスを真面目に塗り直すなりしようかなと。, 今回上手くいったってことは、Core i7 3770にも換装できちゃうのかな、と思ってしまった。, 上にも載せたNECの仕様一覧ページの中に、Core i7機のMK34H/B-FやMJ34H/B-Fも確認できる。, 2コアから4コアの変化だった今回と違い、i5からi7への変更だと、4コアなのはそのままだから旨味はあんま無さそうかな(8スレッドのCPUを使ったことないから分かんないけど)。, コアやスレッドだけじゃなく他の部分も違うか。3次キャッシュが8MBに増えたり、Intel HD Graphicsが4000に変わったり(これ大きいことなのかな?)。, いやいや、お金がかかり過ぎるか。現在でもオークションでは7000~9000円くらいはする。自分の基準では高い。ジャンクと商品名に付いてるもので3000~4000円ってとこかな。1000円2000円では買えそうにない。, 仕様一覧ページを見た感じだと、Pentium G645やCeleron G550を搭載したモデルも存在している。どちらもCPUは2コア。, もしかしたら、Pentium G645やCeleron G550から、Core i3 3220やCore i5 3470Sへの交換もできるのかなと思った。その場合は、4コアのCore i5 3470や3470Sに交換する方が幸せになれそう。3470Tだと2コアになっちゃうから変える意味があまり無さそうな。, WikipediaとかでCPUの発売日を確認して、Core i3 3220やCore i5 3470と同じ時期か、それ以前までの物にしておいた方がより安全な気がする。たとえi5 3470より性能が下の物であっても、発売時期が新しい物だと認識しない不安がありそう。, 「発売日」で見れば、Core i5の3570、3570S、3570Tも、3470や3470Sと同じなのね。メーカー製パソコンで交換できるかどうかって話だから、これでも確実ではないかと。そもそも入手のしやすさでいくと、やっぱり3470や3470Sの方を選ぶのが無難なのかな。, 同じ見方でいくと、前述のCore i7 3770と同じ発売日のCore i5 3450、3450S、3550、3550S、あたりも期待はできそうなのかな。, Pentium G645やCeleron G550はそういやSandy Bridge世代なのね。Sandy BridgeもIvy Bridgeも基本的にLGA1155だからこの点は問題にはならないかと。, 今このブログ記事を書いてて気づいた…。仕様一覧ページに掲載されているのはあくまでi5 3470であって、3470Sでは無い。あ…危なかった…? 結果的に上手くいったから良かったけど。, 買った時のままのPCケースやCPUクーラーだったら気を付けないといけないのかも? 上に載せた仕様一覧ページにあるような、i3より上位のi5やi7の機種だと、CPUクーラーがi3機とは違う可能性もあったりして。より熱に耐えられるものが付属しているとかで。. 1440s設定だとカクつくことはなかったかと。, Core i5 3470Sだと、 アカウントを作成するには, ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。, インテルが提供するプロセッサー、チップセット、キット、SSD、サーバー製品などのカタログを、複数の方法で検索することができます。, ブランド名: cpuの交換をしようと思っているのですが、 インテル® Core™ i3-4000M プロセッサー (3M キャッシュ、2.40 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。 password? Intel のCPU「Core i」シリーズの Core i3、i5、i7に対応するソケット・チップセット・メモリをまとめたので解説します。(第8世代 Coffee Lake対応)IntelのCore iシリーズIntel(インテル) Co YouTubeでどこまで再生できるのか。VRやら4Kやらの動画を見つけて試す。回線速度は全く問題無い環境のはず。 Core i3 3220だと、 画質が4k 2160sでカクカク。 のつもりで、ソケットが対応しているということは確認できたんですが このページでは、直近10年間のCore i3シリーズCPUについて仕様と性能を表にしています。Core i3シリーズはオフィスの通常業務には十分な性能を備えていることからビジネス用途を中心に普及しています。数値だけ見ると Core i7、Core i5、Core i3の違い Image: MakeUseOf. インテルの従業員ですか? その他の機能が対応しているかどうかがわかりません。 B. 4k 2160p 60だと全画面表示の途中で固まった。無理そう。 交換前から気になっていたこと等について記録しておく。Core i3機の時との比較をしながら。 動画再生. インテル® Core™ i3-4000M プロセッサー (3M キャッシュ、2.40 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。 CPU i5-6500 Intel M/B H170 ASUS, この構成で作れますか CPU i5以上 8世代 CPUクーラー 簡易水冷 グラボ GTX1080ti, Quadro K4000を使いたいのですが、いかんせん値段が高いです。cpuがi7 7700とグラボ, マザーボードを交換して元のCPUを載せ変えたら800MHzなのに600MHzとしか表示されません. SR2PA, 開発コード名: Copyright (c) MouseComputer CO.,LTD. インテルのアカウントを持っていませんか? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/prod …, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n35 …, デスクトップパソコンのCPU換装しようと思ってます。Core i3 4130のCPUをCore i7, パソコンについてのしつもんです! All Rights Reserved. ƒTƒCƒgƒ}ƒbƒv@|@ƒvƒ‰ƒCƒoƒV[ƒ|ƒŠƒV[@|@‹K–ñ@ |@Šé‹Æî•ñ@|@Ì—pî•ñ@|@ƒjƒ…[ƒXƒŠƒŠ[ƒX, ƒCƒ“ƒeƒ‹® Celeron® 4205U`ƒCƒ“ƒeƒ‹® Core™ i7-8565U, wƒtƒ@ƒCƒiƒ‹ƒtƒ@ƒ“ƒ^ƒW[XIVx„§ƒpƒ\ƒRƒ“, wƒtƒ@ƒ“ƒ^ƒV[ƒXƒ^[ƒIƒ“ƒ‰ƒCƒ“2x„§ƒQ[ƒ~ƒ“ƒOPC. または >Core i3 4000Mなので、このT554のCore i3 4005Uよりも高性能でした。 更にはCore i5 4200Uよりもベンチマークは上でした。 そこまで調べたのなら、それでいいんじゃないですか? 最後は自分できめないとダメですよ。 レスする人だけの意見を聞くだけではなくて、 Intel Core i3-4000M vs Intel Core i5-4200M, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i3-5005U, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i5-4210U, Intel Core i3-4005U vs Intel Core i3-4000M, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i3-4030U, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i3-4100M, Intel Core i3-4000M vs Intel Celeron N2920, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i3-4010U, Intel Pentium N3510 vs Intel Core i3-4000M, Intel Core i3-4000M vs Intel Core i7-4702MQ, Intel Celeron G530 vs Intel Core i3-4000M, Intel Core i7-4750HQ vs Intel Core i3-4000M, Intel Pentium 3805U vs Intel Core i3-4000M. Intel Core i3-4000M - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク インテルの

関連記事:Core i3搭載の中古デスクトップパソコンをオークションで買っちゃった 4k 2160sはカクつきが無くなった気がする。全画面表示で70%くらいで推移かな(4コア共)。5秒や10秒スキップ(早送り、巻き戻し)したり、シークバーで飛ばしたりした時には黒い画面で1~2秒待たされる。 2020/4/3 Kaby Lake, CN,/zh-cn,JP,/ja,XL,/es,BR,/pt-br,TW,/zh-tw,KR,/ko,DE,/de,ES,/es,FR,/fr,IT,/it,RU,/ru, https://downloadcenter.intel.com/ja/json/pageresults?productId=75104, /apps/intel/arksuite/template/arkProductPageTemplate, リソグラフィーとは、集積回路の製造に使われる半導体技術のことです。プロセスの微細度を表す単位はナノメートル (nm) です。この値から、半導体に組込まれている機能サイズが分かります。, コアは、1 個のコンピューティング・コンポーネント (ダイまたはチップ) に含まれる独立した CPU の数を示すハードウェア用語です。, スレッドまたは実行スレッドは、1 個の CPU コアを通じて渡すことのできる、または 1 個の CPU コアで処理できる、順序付けられた基本的な一連の命令を表すソフトウェア用語です。, プロセッサー・ベース動作周波数は、プロセッサーのトランジスターの開閉速度を示すものです。プロセッサー・ベース動作周波数とは、TDP が定義される動作点です。周波数は、1 秒当たり 10 億サイクルを意味するギガヘルツ (GHz) 単位で測定されます。, CPU キャッシュは、プロセッサーに配置された高速メモリー領域です。インテル® スマートキャッシュとは、ラスト・レベル・キャッシュへのアクセスをすべてのコアで動的に共有できるアーキテクチャーのことです。, バスは、コンピューター・コンポーネント間またはコンピューター間でデータを転送するサブシステムです。種類には、CPU とメモリー・コントロール・ハブの間でデータを伝送するフロントサイド・バス (FSB)、コンピューターのマザーボード上でインテル 統合メモリー・コントローラーとインテル I/O コントローラー・ハブをつなぐポイントツーポイントの接続方式のダイレクト・メディア・インターフェイス (DMI)、CPU と統合メモリー・コントローラーをつなぐポイントツーポイントの接続方式の QuickPath インターコネクト (QPI) があります。, 熱設計電力 (TDP) は、プロセッサーが、インテルが定義した複雑なワークロードの下で、すべてのコアがアクティブな状態で、ベース動作周波数で動作しているときに消費する平均電力をワット単位で表したものです。サーマル・ソリューションの要件については、データシートを参照してください。, 組込み機器向けオプションの提供とは、インテリジェント・システムおよび組込みソリューションの長期にわたる入手性を約束する製品であるという意味です。製品の認定および使用条件の適用は、製品リリース認定 (PRQ) レポートに記載されています。詳細については、インテルの担当者にお問い合わせください。, インテル® プロセッサーには 4 つの異なる種類があります。シングルチャネル、デュアルチャネル、トリプルチャネル、およびフレックスモードです。, 最大メモリー帯域幅は、プロセッサーによって半導体メモリーから読み込まれるあるいは格納されるデータの最大レートです (GB/s)。, ECC メモリー対応とは、エラー修正コードメモリーがプロセッサーでサポートされているという意味です。ECC メモリーは、一般的な内部データ破損の検出と修正ができるシステムメモリーです。ECC メモリーサポートには、プロセッサーとチップセットの両方のサポートが必要ですので注意してください。, プロセッサー・グラフィックスとはプロセッサーに組み込まれているグラフィックス処理回路のことです。グラフィックス、計算、メディア、ディスプレイ等の処理を行います。インテル® HD グラフィックス / Iris™ グラフィックス / Iris™ Plus グラフィックス / Iris™ Pro グラフィックス・ドライバーは、メディア変換機能の強化、フレームレートの高速化、4K Ultra HD (UHD) ビデオのサポートを実現します。詳細については インテル® グラフィックス・テクノロジーのページをご覧ください。, グラフィックス定格周波数とは、MHz 単位の定格/保証グラフィックス・クロック周波数です。, グラフィックス最大動的周波数とは、ダイナミック・フリークエンシー対応インテル® HD グラフィックス機能を使用してサポートされる最大オポチュニスティック・グラフィックス・レンダリング・クロック周波数 (MHz) です。, プロセッサー・グラフィックスで使用可能なメモリーの最大容量です。プロセッサー・グラフィックスは CPU と同じ物理メモリーを使用しています (OS、ドライバー、その他システムの制限に従います)。, グラフィックス出力によって、表示デバイスとの通信に利用できるインターフェイスが規定されます。, 最大解像度 (HDMI) とは、HDMI インターフェイス経由でプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度はシステム設計の複数の要因で変わります。実際のシステムの解像度は、これより小さくなる場合があります。, 最大解像度 (DP) とは、DP インターフェイス経由でプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度はシステム設計の複数の要因で変わります。実際のシステムの解像度は、これより小さくなる場合があります。, 最大解像度 (VGA) とは、VGA インターフェイス経由でプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度はシステム設計の複数の要因で変わります。実際のシステムの解像度は、これより小さくなる場合があります。, DirectX* 対応とは、Microsoft のマルチメディア処理用 API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) 集合の特定バージョンに対応していることを示しています。, OpenGL (Open Graphics Library) とは、2D および 3D ベクトル・グラフィックスのレンダリング用 API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) で、複数言語と複数プラットフォームに対応しています。, インテル® クイック・シンク・ビデオは、ポータブル・メディア・プレーヤー、オンライン共有、ビデオの作成と編集におけるビデオの高速変換を可能にします。, インテル® InTru™ 3D テクノロジーでは、HDMI* 1.4 とプレミアムオーディオを備え、1080p フル HD 解像度の立体感のある Blu-ray* 3D 再生を実現します。, PCI Express リビジョンは、プロセッサーでサポートされるバージョンです。Peripheral Component Interconnect Express (PCIe) は、ハードウェア・デバイスをコンピューターに接続するための高速シリアル・コンピューター拡張バス規格です。PCI Express のバージョンが違えば、サポートされるデータレートも異なります。, PCI Express (PCIe) 構成とは、PCH PCIe レーンを PCIe デバイスにリンクするのに使用できる利用可能な PCIe レーン構成のことです。, PCI Express (PCIe) レーンは、データ受信用およびデータ送信用の 2 組みの差動信号から成ります。この 2 組が PCIe バスの基本単位です。PCI Express レーンの数は、プロセッサーでサポートされる総数です。, ソケットは、プロセッサーとマザーボードとを機械的および電気的に接続するコンポーネントです。, インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーは、熱および電力のヘッドルームを利用して、必要に応じてプロセッサーの動作周波数を動的に引き上げ、必要時には速度を一気に上げて、不要時にはエネルギー効率を上げます。, インテル® vPro™ プラットフォームは、最高水準のパフォーマンス、内蔵セキュリティー、最新の管理性、プラットフォームの安定性を備えたビジネス用コンピューティングのエンドポイントの構築に使用されるハードウェアとテクノロジーで構成されています。インテル® vPro® の詳細情報, インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) は、1 つの物理コアで 2 つの処理スレッドを提供します。高度にスレッド化されたアプリケーションでは、より多くの作業を並列処理して、より速く作業を完了できます。, インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) は、1 つのハードウェア・プラットフォームが複数の「仮想」プラットフォームとして機能できるようにします。これはコンピューター処理を個別のパーティションに分離することであり、ダウンタイムを最小限に抑えて生産性を維持することによって管理性を向上させます。, ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d) は、既存の IA-32 (VT-x) および Itanium® プロセッサー (VT-i) での仮想化サポートに続き、新たに I/O デバイスの仮想化をサポートしています。インテル VT-d では、エンドユーザーがシステムのセキュリティーや信頼性を強化し、また仮想化環境における I/O デバイスのパフォーマンスを高めることもできます。, 製品の検索ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d) ‡, 拡張ページテーブル (EPT) を搭載したインテル® VT-x は Second Level Address Translation (SLAT) とも呼ばれ、メモリー集約型仮想化アプリケーションの高速化を実現します。インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーのプラットフォーム上に拡張ページテーブルを用意することで、メモリーと電力のオーバーヘッド・コストを削減します。また、ハードウェアによるページテーブル管理の最適化によりバッテリー寿命が延びます。, インテル® Transactional Synchronization Extensions New Instructions は、マルチスレッド・パフォーマンスの拡張に重点を置いた命令セットです。このテクノロジーは、ソフトウェアでのロック制御を向上させることで、より効率的な並列処理の実現に役立ちます。, インテル® 64 アーキテクチャーは、64 ビット対応ソフトウェアと組み合わせることによって、サーバー、ワークステーション、デスクトップ、およびモバイル・プラットフォーム上で 64 ビット・コンピューティングを可能にします。¹ インテル 64 アーキテクチャーでは物理メモリー、仮想メモリーともに 4 GB 以上のアドレス空間が利用可能になり、パフォーマンスが向上します。, 命令セットとは、マイクロプロセッサーが理解し実行できるコマンドとインストラクションの基本セットです。示された値は、このプロセッサーと互換性があるインテルの命令セットです。, 命令セット拡張は、複数のデータ・オブジェクトに同じ処理を実行する際の性能を上げることができる補足命令です。こうした命令には、SSE (ストリーミング SIMD 拡張命令) や AVX (アドバンスト・ベクトル・エクステンション) などがあります。, 拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーは、モバイルシステムで必要とされる省電力性能を確保しつつ、ハイパフォーマンスを可能にした高度な技術です。従来の Intel SpeedStep® テクノロジーでは、プロセッサーへの負荷状況に応じて高低 2 段階で電圧と周波数を切り替えていました。拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーは、電圧と周波数の変更の分離やクロック・パーティショニング、リカバリーなどの設計様式を使用したアーキテクチャーを基盤としています。, サーマル・モニタリング・テクノロジーは、複数の熱管理機能により、プロセッサー・パッケージおよびシステムを熱故障から保護します。オンダイのデジタル熱センサー (DTS) がコアの温度を検出し、必要な場合は熱管理機能がパッケージ電力消費を削減して温度を下げ、正常な動作限度内に収まるようにします。, インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーは、オンラインの顧客やビジネスデータへのアクセスを脅迫や詐欺から守る、シンプルで耐タンパー性を備えたソリューションを提供するための内蔵型セキュリティー・トークン・テクノロジーです。インテル® IPT では、Web サイト、金融機関、ネットワーク・サービスにアクセスするユニークユーザーの PC に対し、ハードウェア・ベースの認証を提供し、マルウェアによるログインの試みではないことを確認します。インテル® IPT は、Web サイトやビジネスでのログインにおいて、情報保護のための 2 要素認証ソリューションを提供する重要なコンポーネントです。, インテル® Advanced Encryption Standard New Instructions (インテル® AES-NI) は、迅速で安全なデータ暗号化 / 復号化処理を可能にする命令セットです。AES-NI は幅広い暗号化への応用、例えばバルク暗号化、複合化、認証、乱数生成、および認証暗号化の実行における応用に有益です。, インテル® セキュアキーは、暗号化アルゴリズムを強化する乱数を生成するデジタル乱数ジェネレーターで構成されます。, より安全なコンピューティングを実現するインテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジーは、インテル® プロセッサーおよびチップセットの機能を拡張した汎用性の高いハードウェアのセットであり、メジャードラウンチやプロテクテッド・エグゼキューションなどのセキュリティー機能によってデジタル・オフィス・プラットフォームを強化します。これは、アプリケーションをそれぞれの専用領域内でのみ実行できる環境を構築し、システム上のほかのソフトウェアから保護します。, エグゼキュート・ディスエーブル・ビット機能は、ウィルスや悪意のあるコードの攻撃にさらされにくくし、有害なソフトウェアが実行され、それがサーバーやネットワーク上で拡大するのを防ぐことができるハードウェア・ベースのセキュリティー機能です。, インテル® アンチセフト・テクノロジー (インテル® AT) は、紛失 / 盗難時にもノートブック PC を安全かつセキュアに保護します。インテル® AT は、インテル® AT に対応したサービス・プロバイダーからサービスに加入する必要があります。, インテルがこのプロセッサーを製造元企業 (OEM) に出荷し、OEM が通常、このプロセッサーのプリインストールを行います。インテルではこちらのプロセッサーを、「トレイ版プロセッサー」または「OEM プロセッサー」と呼んでおり、 インテルからの直接の保証サポートを提供していません。保証サポートについては、OEM または販売代理店までお問い合わせください。, インテルは、ARK ツールファミリーを皆様にとって価値あるリソースにしていきたいと考えています。ご意見、ご質問、ご提案などございましたら、以下に記入してお送りください。2 営業日以内に回答いたします。, コメントが送信されました。ご意見・ご要望をお送りいただき、誠にありがとうございます。, お客様の個人情報は、本件の回答にのみ使用します。お客様のお名前とメールアドレスが何らかのメーリングリストに追加されることは一切ありません。また特にお申し出のない限り、本件以外でインテル コーポレーションよりお客様に電子メールを差し上げることもありません。[送信] をクリックすると、インテルの利用規約に同意し、インテルのプライバシー・ポリシーを理解しものと見なされます。, 提供されているすべての情報は予告なしに変更されることがあります。インテル製品は随時、製造ライフサイクル、仕様、および製品の説明が予告なく変更される場合があります。ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。特定の製品やシステムの詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。, インテルの分類は参考のために提供されており、輸出規制品目分類番号 (ECCN、Export Control Classification Number) および米国関税分類番号 (HTS、Harmonized Tariff Schedule) により構成されています。インテルの分類の取り扱いについては、インテルによらず、適切な ECCN または HTS について表明または保証を行うことを意味するものではありません。輸入業者または輸出業者は、取引の正確な分類を決定する責任を負うものとします。, ‡ この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。, 「発表済み」 SKUs はまだ使用できません。販売開始については、発売日を参照ください。, インテル® アーキテクチャーでの 64 ビット・コンピューティングをサポートするプロセッサーには、インテル 64 アーキテクチャー対応 BIOS が必要です。, どのプロセッサーが、インテル® HT テクノロジーに対応しているかなどの詳細情報は https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html?wapkw=hyper+threading を参照してください。, ターボ・ブースト利用時の最大周波数とは、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーで実現可能な単一コア・プロセッサーの最大周波数を表します。詳細については、https://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。, インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーをサポートするシステムについては、https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/identity-protection/identity-protection-technology-general.html を確認してください。, インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、https://www.intel.com/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。, システムおよび最大 TDP は最悪の状況をベースにしています。すべてのチップセットの I/O が使用されていない場合、実際の TDP は低くなることがあります。, プロセッサー構成がアップデートされた AES New Instructions、 i7-2630QM/i7-2635QM、i7-2670QM/i7-2675QM、i5-2430M/i5-2435M、i5-2410M/i5-2415M などをサポートする場合があります。プロセッサー構成の最新アップデートを含む BIOS に関しては、OEM にお問い合わせください。, ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d), Intel® SSE4.1, Intel® SSE4.2, Intel® AVX2, 製品の検索ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d), https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html?wapkw=hyper+threading, https://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/identity-protection/identity-protection-technology-general.html, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html.