つまり、半角スペースは、何桁保存されていても、比較時にトリミングされてしまっているような挙動となります。, 念のため、半角スペースを検出できるか、半角スペースの桁数ごとの違いを認識できるか、チェックしておきます。, この仕様についての回避策については、「BINARY」句をつければいいって、先人の方が言っておりました。 検索条件に一致するデータ件数が、非常に多くなる可能性がある場合は、TERASOLUNA DAO標準機能のページネーション検索ではなく、SQL絞り込み方式の採用を検討すること。, バッチ実行した場合、JDBCドライバによっては、正確な行数が取得できないケースがある。 自分のためでもあり、それが誰かのためになればいいな、という気持ちを込めて書きます。 空文字をnullとして扱うという指定(with null as '')をすれば、回避できます。 COPY [テーブル名] FROM [ファイルの絶対パス] WITH NULL AS ''; こうして得た情報をもとに、いろいろ試してみたり、さらの別の単語で検索をすると解決できると思います。 [CDATA[ (更新時の更新件数、削除時の削除件数も同様である。), 一致方法(前方一致、後方一致、部分一致)の指定をJPQLとして指定する場合は、エスケープのみ行うメソッドを使用する。, 一致方法(前方一致、後方一致、部分一致)をロジック側で判定する場合は、エスケープされた値にワイルドカードを付与するメソッドを使用する。, ユーザからの入力値を置換変数を使って埋め込むと、SQL Injectionが発生する危険性が高くなることを意識すること。 こんな感じでテーブルとデータを用意しておきます。, スペースだけを詰め込んでも、ちゃんと桁数として認識しています。

で/src/mapper/MybatisMapper.javaと紐づけます。 MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: B.5.5.3 NULL 値に関する問題, いつもどおり、環境はLinux上のMySQL 5.6.31です。 「iBATISとOracle10gでSqlMapClient取得時にエラーとなる。」に関する質問と回答の一覧です。(1) Java Solution - @IT 本バージョンの内容は既に古くなっています。最新のガイドラインはこちらからご参照ください。, TERASOLUNA DAOは、O/R Mapperに依存する処理を隠蔽するためのDAOインタフェースと、Mybatis2.xを使用したDAO実装クラスを提供している。, TERASOLUNA DAOから提供されているDAOインタフェースは、以下の通りである。, TERASOLUNA DAO(Mybatis実装)を使って、データベースにアクセスする際の基本フローを、以下に示す。, インフラストラクチャ層にMyBatis2(TERASOLUNA DAO)を使用する場合、以下のdependencyをpom.xmlに追加する。, アプリケーションサーバから提供されているトランザクションマネージャを使用する場合は、以下の通りに設定する。, Spring Frameworkから提供されているSqlMapClientのファクトリクラスと、TERASOLUNA DAOのbean定義を行う。, BLOBやCLOBなどのLarge Objectを扱う場合は、SqlMapClientクラスのファクトリクラスに、LobHandlerを指定する。, SqlMapClientのデフォルトの動作をカスタマイズする。必要に応じてカスタマイズすること。, 子要素として、cacheModel, typeAlias, parameterMap, resultMap, select, insert, update, delete, statement, sql, procedureが存在する。, 詳細は、Mybatis Developer Guide(PDF)の、以下の章を参照されたい。, statement, select, procedure要素を使用して、大量データを返すようなクエリを記述する場合には、fetchSize属性に適切な値を設定しておくこと。 例えば、バインド値がnullの場合に、デフォルト値を設定することができる。詳細は、Mybatis Developer Guide(PDF)の「Parameter Maps and Inline Parameters」(P.27-31)を参照されたい。, 以下は、PostgreSQLに作成したファンクションを、procedure要素を使って呼び出す例となっている。, テーブルと、ファンクション(PL/pgSQL実装)を作成するSQLは、以下の通りである。, parameterMap属性を使わずに、”Inline Parameter Maps”の仕組みでマッピングする事もできる。 expr1もexpr2も、Nullであるかどうかは関係がなく、その評価結果としてNullを返す、というものです。, NULLIF(expr1,expr2) where Help us understand the problem. パラメータオブジェクト(JavaBean)のプロパティ値の設定有無を判定, 5.3.2.4.4. 空文字とnullの扱い verticaでは、char型やvarchar型の列に「空文字」や「null」をinsertした場合、それぞれ結果が異なります。 以下に6パターンのデータの挙動を整理してみます。 Created using, org.springframework.jdbc.datasource.DataSourceTransactionManager, "org.springframework.jdbc.datasource.DataSourceTransactionManager", org.springframework.transaction.jta.JtaTransactionManager, "org.springframework.orm.ibatis.SqlMapClientFactoryBean", "classpath*:/META-INF/mybatis/config/*sqlMapConfig.xml", "classpath*:/META-INF/mybatis/sql/**/*-sqlmap.xml", "jp.terasoluna.fw.dao.ibatis.QueryDAOiBatisImpl", "jp.terasoluna.fw.dao.ibatis.UpdateDAOiBatisImpl", "jp.terasoluna.fw.dao.ibatis.StoredProcedureDAOiBatisImpl", "jp.terasoluna.fw.dao.ibatis.QueryRowHandleDAOiBatisImpl", org.springframework.orm.ibatis.SqlMapClientFactoryBean, "org.springframework.jdbc.support.nativejdbc.SimpleNativeJdbcExtractor", "org.springframework.jdbc.support.lob.OracleLobHandler", org.springframework.jdbc.support.nativejdbc.NativeJdbcExtractor, org.springframework.jdbc.support.nativejdbc.SimpleNativeJdbcExtractor, org.springframework.jdbc.support.lob.LobHandler, org.springframework.jdbc.support.lob.OracleLobHandler, org.springframework.jdbc.support.lob.DefaultLobHandler, PUBLIC "-//ibatis.apache.org//DTD SQL Map Config 2.0//EN", "http://ibatis.apache.org/dtd/sql-map-config-2.dtd">, PUBLIC "-//ibatis.apache.org//DTD SQL Map 2.0//EN", "http://ibatis.apache.org/dtd/sql-map-2.dtd">, "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.SalesItem", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.service.BinaryFile", "jp.terasoluna.fw.orm.ibatis.support.BlobInputStreamTypeHandler", "jp.terasoluna.fw.orm.ibatis.support.ClobReaderTypeHandler", CURRENT_DATE - '1 months'::interval <= ordered_date, -- (2) orderedDate=null, statusCodes=['accepted','checking'], -- (3) orderedDate=2013/12/31, statusCodes=null, -- (4) orderedDate=2013/12/31, statusCodes=['accepted'], -- (1) statusCode=null, containCompletedOrder=false, -- (2) statusCode='accepted', containCompletedOrder=false, -- (3) statusCode='checking', containCompletedOrder=true, -- (3) statusCodes=['accepted','checking'], org.springframework.data.domain.PageRequest, "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.dto.PageableBindParams", todo_title = '[Finished Deadline] ' || todo_title, created_at < current_date - #deadlineDays#, jp.terasoluna.fw.dao.event.DataRowHandler, org.terasoluna.gfw.common.query.QueryEscapeUtils, QueryEscapeUtils#toStartingWithCondition(String), QueryEscapeUtils#toEndingWithCondition(String), QueryEscapeUtils#toContainingCondition(String), "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.Order", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.OrderStatus", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.OrderItem", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.OrderCoupon", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.Category", "xxxxxx.yyyyyy.zzzzzz.domain.model.Coupon", TERASOLUNA Global Framework Development Guideline 1.0.0.publicreview documentation, 5.3.2.4.2. MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 12.4 制御フロー関数, ということで、明示的にNullをInsertしたのは1行だけですから、その行だけが1=Trueとして認識され、変換後の文字列が表示されることが期待されます。, ちょっと特殊な関数ですね。 内部で別のSQLを実行する方法は、個々のSQLや、resultMap要素の定義が、非常にシンプルとなる。 ユーザからの入力値を置換変数を使って埋め込む必要がある場合は、かならずSQL Injectionが発生しないことを保障するための、入力チェックを実施すること。, 置換変数による埋め込みは、必ずアプリケーションとして安全な値であることを担保した上で、テーブル名、カラム名、ソート条件などに限定して、使用することを推奨する。, 実際の入力はコード値になるようにして、SQLを実行する処理中で変換することが望ましい。, N+1問題の回避手段については、Mybatis Developer Guide(PDF)の「Result Maps/Avoiding N+1 Selects (1:1)」(P.37-38)及び「Result Maps/Avoiding N+1 Selects (1:M and M:N)」(P.39-40)を参照されたい。, トランザクション系テーブルのレイアウトと、格納されているレコードは、以下の通りである。, 以降で説明する実装例では、上記テーブルに格納されているデータを、以下のJavaBeanにマッピングして、取得する。, 上記レコードを、Orderオブジェクト、および、関連オブジェクトにマッピングする方法について説明する。, 以降では、id=1のOrderオブジェクトへのマッピングに、焦点を当てて説明する。, Picture - Valid Result Set for result mapping, 1:Nの関連をもつレコードをJOINしてマッピングする場合、グレーアウトされている部分のデータの取得が無駄になる点を、意識しておくこと。, Nの部分のデータを使用しない処理で、同じSQLを使用した場合、さらに無駄なデータの取得となってしまうので、Nの部分を取得するSQLと、取得しないSQLを、別々に用意しておくなどの工夫を行うこと。, 実際にマッピングされたOrderオブジェクトおよび関連オブジェクトの状態は、以下の通りである。, 関連オブジェクトを取得する別の方法として、取得したレコードの値を使って、内部で別のSQLを実行して、取得する方法がある。 , ~ でMybatisMapper.select()を実行することによりselectが実行され、その結果がTableEntityにマッピングされます。 そのまま、現場で学んだ(使用した)ツール等についてまとめていくシリーズです。 自分のためでもあり、それが誰かのためになればいいな、という気持ちを込めて書きます。 間違えや記述方法についての指摘やコメント、お待ちしております!

What is going on with this article? CLOBは文字列として扱うこともできるが、データの容量が大きくなると、メモリ枯渇の原因となる可能性がある。, CLOBを扱う場合は、jdbcType属性には"CLOB"を、typeHandler属性には"jp.terasoluna.fw.orm.ibatis.support.ClobReaderTypeHandler"を指定する。, FQCNで指定しているクラス名は、 typeAlias要素を使って別名を付与することで、シンプルに記載することができる。, SQLに渡されたパラメータオブジェクトが指定されているかを判定し、SQLを組み立てることができる。, SQLに渡されたパラメータオブジェクト(JavaBean)に指定したプロパティが存在するか判定し、SQLを組み立てることができる。, SQLに渡されたパラメータオブジェクト(JavaBean)のプロパティに値が指定されているか判定し、SQLを組み立てることができる。, SQLに渡されたパラメータオブジェクト(JavaBean)のプロパティに指定されている値を判定し、SQLを組み立てることができる。, compareProperty属性を使用することで、JavaBean内の別のプロパティの値と、比較することもできる。, SQLに渡されたバインド値が、コレクションや配列の場合、コレクションおよび配列の要素分処理を繰り返して、SQLを組み立てることができる。, 上記例は、JavaBeanの中のプロパティがコレクションの場合の実装例であるが、パラメータオブジェクト自体をコレクションにすることもできる。 両方のステートメントで phone カラムに値が挿入されていますが、最初のステートメントは NULL 値を挿入しており、2 番目のステートメントは空の文字列を挿入しています。最初のステートメントの意味は「電話番号がわからない」、2 番目のステートメントの意味は「この人は電話を持っていないため、電話番号がない」と見なすことができます。 fetchSize属性を省略した場合は、各JDBCドライバのデフォルト値が利用されるため、デフォルト値が全件取得するJDBCドライバの場合、メモリの枯渇の原因になる可能性があるので、注意が必要となる。, select要素を実装する前に、検索したレコードのカラムと、JavaBeanのプロパティのマッピング定義を行う。, resultMap属性を使わずに、resultClass属性で指定したJavaBeanのプロパティに、自動的にマッピングすることもできるが、取得レコードのカラム名と、JavaBeanのプロパティ名が一致している必要がある。

パラメータオブジェクト(JavaBean)のプロパティの存在有無を判定, 5.3.2.4.3. select 物作りは楽しい. 3. https://atsuizo.hatenadiary.jp/rss, atsuizoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog