UNPIVOTのSQL文のIN句に、列名リストを指定しSQL文を作成し実行します。, PIVOTやUNPIVOTを利用すると、今までとは別の視点で表を活用することができます。, エクセルに貼り付けたり、プログラムを組むことなくSQLだけでクロス集計をおこうなうことができるのも大きな魅力ではないでしょうか。. FROM LEFT JOIN UDFTYPE T ON V.UDF_TYPE_ID = T.UDF_TYPE_ID 日付関数 [Oracle] 文字列関数 日付型の文字列変換SQL(TO_CHAR) 2019年11月10日 ゆるゆる社内SE. 初心者エンジニアのための備忘録. select * P.proj_id, 日付関数 [Oracle] 日付関数 月末の日付取得SQL(LAST_DAY) 2019年11月13日 ゆるゆる社内SE. pivot/unpivot は sql server 2005 から追加されました。 from (transact-sql) pivot と unpivot の使用 pivot が 行を列に変換、unpivot が 列を行に変換します。クロス集計のサンプルで紹介されたりします。 さっそく pivot から見ていきましょ… WHEN V.udf_text is null and V.udf_date is null and V.udf_number is NOT null THEN to_char(V.udf_number) T.TABLE_NAME = ''PROJECT'' [なし]・[もも]・[りんご]を[商品名]という列に、 絞り込み条件はUNPIVOT句の後に記述します。 集計に使用した項目以外は、キー項目となります。, また、一般的なSQLと同じように絞り込み条件を指定することができます。 それでは、[販売年月日]が「10月」のレコードを抽出してみます。, 次にUNPIVOTの基本的な使い方を説明します。 oracle databaseの日付計算に関する質問です。 質問は2つありますが、最終的に実現したいのは質問②です。 【質問①】 日付の差を求めるため、TO_DATE関数を用いて引き算を行いました。 この結果のデータ型は何になりますか 例) ・日付A、日付Bは共にDATE型で定義 ・日付A = 2020/1/31 ・日付B = … oracle sqlの動的ピボット (4) . [販売年月日]・[商品名]・[売上金額]の3列に変換します。, また、UNPIVOTも一般的なSQLと同じように絞り込み条件を指定することができます。 Bはデータ型varchar2で、Xはコンマで区切られたvarchar2値の文字列です。 Xの値は、同じ表の列(たとえばCL)から異なる値を選択します。 この方法では、ピボットクエリが機能していました。, しかし、問題は、列CLに新しい値があるときはいつでも、手動でそれを文字列Xに追加する必要があるということです。, 私は、XをCLから選択された別の値に置き換えようとしました。 しかし、クエリは実行されていません。 私が感じた理由は、Xを置き換えるためにコンマで区切られた値が必要であるという事実によるものです。 次に、文字列Xと一致する正確な出力を返す関数を作成しました。しかし、依然としてクエリは実行されません。 示されているエラーメッセージは、 "righr paranthesesがない"、 "end of file communication channel"などです。 私はちょうどピボットの代わりにピボットxmlを試して、クエリが実行されますが、oraxxxなどの値をまったく持っていないvlauesを提供します。, たぶん私はそれを正しく使用していないでしょう。 動的な値を持つピボットを作成するいくつかの方法を教えてください。, IN句のIN句に定数でない文字列を入れることはできません。 そのためにPivot XMLを使用することができます。, サブクエリサブクエリは、XMLキーワードと組み合わせてのみ使用されます。 サブクエリを指定すると、サブクエリによって検出されたすべての値がピボットに使用されます, PIVOTのXML文を使用せずにPIVOTのIN文に動的文を記述することはできません。 ただし、IN文字列を作成して文に入力することはできます。, 最初にIN文で使用する文字列を設定します。 ここでは、文字列を "str_in_statement"に入れます。 文字列の設定には、 COLUMN NEW_VALUEとLISTAGGを使用しています。, しかし、制限があります。 最大4000バイトまでの文字列を連結することができます。, 私は上記の方法(Anton PL / SQLカスタム関数のピボット())を使用し、それは仕事をした! 私がプロのオラクルの開発者ではないので、これは私がやった簡単なステップです:, 1)zipパッケージをダウンロードして、そこにpivotFun.sqlを見つけます。 2)pivotFun.sqlを1回実行して新しい関数を作成します。3)関数を通常のSQLで使用します。, 動的な列名には注意が必要です。 私の環境では、列名は30文字で制限されており、その中に単一引用符を入れることはできません。 だから、私のクエリは今このようなものです:, 私は、OPが尋ねた質問に対して答えを与えるつもりはなく、代わりにダイナミックピボットを行う方法を説明するだけです。, ここでは、動的SQLを使用する必要があります。まず、列の値を変数に取り込み、その変数を動的SQLに渡します。, YR列の値を列名として表示し、それらの列の値をQTYから表示する必要がある場合は、次のコードを使用できます。, 必要に応じて、テンポラリテーブルを作成し、そのテンポラリテーブルで選択クエリを実行して結果を表示することもできます。 シンプルで、上記のコードでCREATE TABLE TABLENAME AS追加するだけです。, temp_in_statement new_value str_in_statement, MYNUMBER A_VAL B_VAL C_VAL, ---------- ---------- ---------- ----------, ' (c) 2020 Casley Consulting, Inc. All Rights Reserved.

select * from WHERE それぞれの列の値を[売上金額]という列に集計します。, IN句に指定した列を[商品名]列の値に変換し、 CASE ( 上記のSQLを動的SQLに修正したものは下記のとおりになります。, 商品名リスト作成のSELECT文で、[売上]テーブルの[商品名]をカンマ区切りでつなげます。 SQLも修正しなくてはなりません。, 種類が増えるたびに修正するのは現実的ではありません。 WHEN V.udf_text is NOT null and V.udf_date is null and V.udf_number is null THEN V.udf_text IN句のIN句に定数でない文字列を入れることはできません。 そのためにPivot XMLを使用することができます。 ドキュメントから: . SELECT文の重複する処理のWITH句による共通化; WITH句を複数宣言する方法; WITH句を再帰的に使った連番生成の方法; WITH句を再帰的に使った連続日付の生成方法; 連続日付に関連してDATE型について; おすすめ書籍. そのため、こういう場合は動的SQLを利用します。, 動的SQLにすると、いくら種類が増えても修正する必要はなくなります。 初心者エンジニアのための備忘録. IN句に「れもん」という指定を追加する必要があります。, ただし、この方法ですと[商品名]の種類が増えるたびに、 [販売年月日]ごとに[商品名]の[売上金額]の合計を集計します。, 実行結果を見ていただければわかると思いますが、 ステムの日時を変更するには、コマンド date -a を使用することをお勧めします。, SunOS リファレンスマニュアル 1 : ユーザーコマンド, © 2010, Oracle Corporation and/or its affiliates. Oracle SQL SELECT7 : WITH句を使ったSELECT文 . 取得することができません。, 「れもん」というレコードを取得したい場合は、 1 クロス集計とは2 sqlでのクロス集計の方法3 pivotとunpivot4 使い方5 まとめ皆さんはクロス集計というものをご存じですか?sqlの学習を始めたばかりの方にとっては聞きなれない言葉だと思いますが、データベースでは集計を扱う selectの結果を行列変換する(pivot) home >> tips >> oracle tips >> sql. 絞り込み条件はPIVOT句の後に記述します。 ( REPLACE(substr(T.UDF_TYPE_LABEL, 1, 30), '''''''','','') as Attribute, サブクエリサブクエリは、XMLキーワードと組み合わせてのみ使用されます。 MIN(QTY) for YR in ('. UNPIVOTの構文は下記のとおりです。, [なし]・[もも]・[りんご]の3列からなる[売上]テーブルから、 SELECT DISTINCT IN句に[れもん]を指定するか、PIVOTの動的SQLに似たようなものを作成する必要があります。, UNPIVOTは列名を指定するので、カタログビューを使用します。

どちらもIN句を動的に指定することができません。, そのため、先ほどPIVOTで説明したテーブルに、 ', ' SQL ServerのPIVOT句・UNPIVOT句... 61,927ビュー 正規表現を覚えよう!サクラエディタでのgrep結果の編集... 56,908ビュー PostgreSQLの実行計画について調べてみた... 51,963ビュー Windows PowerShellを使ってデータファイルを圧縮... 43,807ビュー HTMLとCSSでパララックスページを作ってみよう... 42,437ビュー 今回は[商品名]が「もも」のレコードを抽出してみます。, PIVOTもUNPIVOTも、とても便利ですが、 IN句に指定した列の値が[売上金額]列の値となっています。, 次はPIVOTと同じように、[売上]テーブルに[販売年月日]を追加し、 ELSE NULL END LEFT JOIN UDFVALUE V ON P.proj_id = V.proj_id 先ほどのSQL文のIN句に、商品名リストを指定しSQL文を作成し実行します。, UNPIVOTも[売上]テーブルに[れもん]列が増えた場合、 from EMPLOYEE pivot ) WHEN V.udf_text is null and V.udf_date is NOT null and V.udf_number is null THEN to_char(V.udf_date) 日付と時刻を正しく設定し終わると、date は、デフォルトのフォーマットで新しい日付を表示します。また、date コマンドは正しいタイムゾーン情報を決定するために TZ を使用しています ( environ(5) 参照 … [商品名]が「れもん」というレコードを追加しても、 [商品名]と[売上金額]の2列からなる[売上」テーブルから、 project P [商品名]ごとのに列を作成し、[売上金額]の合計を集計します。, 次は[売上]テーブルに[販売年月日]を追加し、 P.delete_session_id IS NULL AND AS VALUE UNPIVOT用の動的SQLは下記のとおりです。, カタログビューより、int型の列名をカンマ区切りでつなげます。 人気の記事.