–³’f“]Ú‹ÖŽ~, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E8%BB%8A%E6%AF%94, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. ‚¬?uƒGƒ”ƒ@VŒ€ê”ŁF”jvƒeƒXƒg—pƒX[ƒc—§‘̉», 4ˆÊMINI CLUBMAN (ƒNƒ‰ƒuƒ}ƒ“) 2015”Nƒ‚ƒfƒ‹, © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. s660で大きな荷物を積もうとすると、助手席にしか置き場所がありません。 一人で出かける分には問題ありませんが、二人で泊まりはかなり厳しいです。 二人で荷物を最小にする努力が必要になります。

s660の不満点 とにかく荷物が載らず実用性が低い.

4 点 放出中の記事: 1,412件 ◆「車種一覧」か「カテゴリー一覧」が記事を探しやすいです◆, 薄々気がついていたが、S660の最大の弱点はマニュアルミッションだと思っている。 1ヶ月初回点検時にミッションオイルを交換してもらったが、その容量が1.3Lとかなり少ない。 軽自動車ではじめての6速ミッションというのも、特徴であり弱点でもある。 そんなことを書いてみた。, 管理人TomTomは、走る時もできるだけミッションをいたわるようにしている。 この場合「できるだけ」というところがミソだ。, S660のマニュアル6速ミッションの出来は、かなり良いと思っている。 最初は、どうせ軽自動車だからと考えていて、使い込むうちにゲートはあいまいになり、楽しくなくなるのではないかと想像していた。 だが、現実にはどうだろう。 管理人TomTomのS660は現在1年6ヶ月、14,000kmほど走っているが、ゲートはあいまいにはなっていないし、少々難はあるがミッションの調子は良い。, 普段はできるだけ、ミッションをいたわり、ゲートに沿ってそろっとギアを入れるようにしている。 特に始動直後はそうしている、というか各ギアに入りずらい。 都合のよいことに、管理人TomTomの自宅は坂の上にあり、ガレージから出ると300mほど下り坂となっている。 シートベルトをしたり、車内を整理するのに1分ほど暖気運転は行うが、こうした事が済めばすぐにスタートする。 坂を下りながら、シフトアップしていくと3速が入りにくいので必ずダブルクラッチを踏むハメになる。 始動直後はこんな感じで感触が悪いことこの上ない(まるで硬いギアオイルを入れている競技車のようだ)。, 温まると、このミッションはかなり良い。 キチンと操作さえすれば、応えてくれるミッションなのは間違いない。 普段はゆったりとギアを入れる操作をしているが、林道のような極狭の山岳路だとそうも言ってられない。 素早くシフトアップやシフトダウンをこなす必要に迫られる。 そうした時の、ある意味強引な素早いシフト操作にも耐えれるミッションであることは間違いない。 ただし、管理人TomTomの場合はダウンヒルの時だけ素早いシフトワークを行うがエンジンは回さない。, ヒルクライムの時は、場所によりレブリミットあたりまでエンジンを回す時もある。 そうした時のシフトアップ操作は、かなりゆったりと、ミッションが自らゲートの中に入ろうとするタイミングを待つようにしている。 というのはヒルクライムの時は時間的な余裕があるからだ。 時間的な余裕のある時のS660のミッションの挙動は吸い込まれるようにゲートに入る(言い過ぎか…)。, いずれにしてもS660の6速マニュアルミッションは、望外にデキが良いと感じている。, 前述したように、少々難があるというのは、冷間時に1速になかなか入らない症状がある。 これは購入当初からあまり変わらない。 どこかで目にしたのだが、こんな時はいったん2速に入れてから1速に入れればスムーズに入る。 不思議とこの動作をすればスムーズに1速に入れることができる。 面白いものだ。, 管理人TomTomがS660に乗り始めた時に、シフトとクラッチのタイミングが合わず、特に3速でガリガリやっていたことがある。 4速から3速にシフトダウンする際に、クラッチを離すタイミングが速すぎてギア鳴りをさせてしまっていた。 今では、ちゃんとタイミングを学習したのでギア鳴りをさせてしまうことはない。, 前述のようにS660のミッションはオイル容量が1.3Lと少ない。 オイルが少ないだけに、高回転まで回している時に、ミッションの扱いを間違えるとミッションが壊れそうな気がしている。 連続して高回転だと、オイルに気泡が混じり各部へ行き届かず潤滑ができなくなって、最後にはミッションブローしてしまうのではないかと思ってしまう。 だが実際にはこうした事は起こらないようだ。 すでにサーキットを走り込んでいるS660は多数あると思うが、ミッションがブローしたというお話は、少なくても管理人TomTomは聞いたことがない。, 管理人TomTomはS660のミッションに対して、このよな感想を持っている。 総合的には、扱いさえ間違わなければ良いミッションだと思う。 だが、余裕のなさからくる、丁寧に扱わなければならないミッションであることは間違いないだろう。, そのうちにマニュアルミッション自体が消えてしまうのではないかと思っている。 すでにバスやトラック、そして救急車までもがオートマティックミッションなのだ。, わざわざマニュアルミッションを選択するのは「好き者」である、という時代だ。 だが、マニュアルミッションはうまく操作できれば非常に気持ちが良い。 これもスポーツドライビングの醍醐味だろう。, 実用的な部分もある。 管理人TomTomは、最近ではマニュアルミッションのほうがATよりも楽に運転できると感じるようになった。 マニュアルミッションの操作を体で覚えて、楽に操作できるようになったというこのなのだろうか。, こうなると俄然楽しい。 街中でも、ヒールアンドトゥを駆使して走ってみたり、素早いシフトをしてみたり、普段でも楽しめる。 渋滞の時、極低速でジワジワ進むという時もマニュアルミッションは楽チンだ。 クラッチを繋いでしまい、アイドリングで進めば良い。 マニュアルミッションに慣れれば、かなり楽に運転できる。, 世の中の流れは確実に2ペダルへと向かっているのは間違いない。 だが、少し前から風向きが変わってきている。 というのは、少し前まで2ペダルの行き着く先はダブルクラッチのミッションと言われていた。 最近この傾向が変化して、多段のトルコンATへと向かっているようだ。 さらに、トヨタが力を入れているように小排気量車はスポーツCVTという選択肢も出てきた。, こうした高効率な2ペダルミッションの登場は非常に今どきな感じがする。 トルコンATも、シフトアップ時にはカチっと繋がり(トルコンが滑らない)、キッチリとシフトアップ感を演出するようになった。 きっと問題はシフトダウンの際の気持ち良さということになるだろう。 トルコンATで、ドライバーがこれは気持ち良い!、というシフトダウンを決めるミッションが出てくると思う。 そんな時代なのだ。, ©2014-2020 TomTom's Voice2 エンスーのための車情報, S660で行く遅めの桜を見に行くプチ弾丸ツアー 「A.i.R.」の低反発化は効果絶大おすすめ, トンネル内はライト点灯すべきでしょ どうしてしないのか?その理由を聞きたいものだ 特に黒いクルマ, 「避けるべきクルマ」と「軽く見られるクルマ」 軽自動車だからって…S660を軽く見ないでほしいと思う今日このごろ, まだ噂だがケイマンGT4にPDKが用意されるようだ、本当の新フラグシップの誕生か!?, S660で行く 涼を求めて標高1000m峠越え またまた氷ノ山越え国道482号線だが今年は混雑だった, NASCARって意外と知らないので調べてみた、エンジンはV8のOHVだけど800馬力超!, S660のリア15インチ化が完了したがかなり微妙 クリアランスが極小でウェイトも貼れなかった. s660の年間維持費を「6mt車」と「cvt車」のタイプ別に求めます:自動車税・燃料代・任意保険料・車検代・駐車場代を内訳とする維持費を概算した結果:6mt車は33.9万円・cvt車は34.7万円となりました。 cvtは、まだ乗ってないので何とも言えませんが、最近のはだいぶ違和感が無くなってきている様ですね。 私の所有する車は、cvtかatなのでこの車はmtにしました。 乗る機会があれば、乗ってみます。 書込番号:18939303. 自分は今のところS660から乗り換える予定はありませんが、S660から乗り換えるという話は時々聞きます。オープンドライブが楽しめて軽快に走れるS660をどのような理由で手放してしまうのかをまとめてみます。, S660で大きな荷物を積もうとすると、助手席にしか置き場所がありません。一人で出かける分には問題ありませんが、二人で泊まりはかなり厳しいです。二人で荷物を最小にする努力が必要になります。それでも助手席の足元に荷物を置くことになるので、助手席に乗る人からしたら窮屈でしょう。という具合に、実用性が低いのです。, 軽自動車なので仕方ないのですが、パワーがないです。普通に走る分には問題ありませんが、高速の合流や追い越しなどのシーンではパワー不足を感じます。エンジンを上まで回していっても、あまりパワーが出てこないんです。特にS660をスポーツカーとして期待している人からしたら、パワーのなさにガッカリすると思います。峠の下りなら気になりませんが、上りでは顕著にパワー不足を感じます。, S660は軽快でダイレクトな走りを楽しめますが、脚は固めなので結構路面からの振動が大きく感じられます。また、エンジンが背後にあり、結構大きな音がキャビンに入ってきます。高速を走れば風切り音も気になります。とにかく何もかもがダイレクト。そこが良さでもあるのですが、疲れてしまうのは確かです。短距離であれば気になりませんが、長距離ドライブとなると疲れに直結してしまいます。, S660はオープンカーなので、オープンドライブを楽しみたいところです。しかし幌はロードスターのように簡単には開閉できず、外してからクルクルと巻いて収納する必要があります。慣れれば運転席に座ったまま取り外して助手席にポンと置くことはできるようになります。閉めるのも運転席に乗ったままでどうにかできます。でもサクッと開閉できるわけではないので、手間なんです。しかも助手席に人を乗せていたら、幌(ロールトップ)はフロントの収納スペースに入れてやる必要があります。一度車を降りないといけないわけで、面倒です。そうなると、天気が悪い時に開ける気が起きません。急に雨が降ってきたらしばらく濡れることは必至です。せっかくのオープンカーなのに、気軽に屋根を開けられないのは残念です。, 以前マツダのディーラーでロードスターの見積もりをしてもらうことがありました。その際に聞いた話によると、ロードスターはS660から乗り換えてくる人がいるらしいです。理由はやはり積載能力の低さ。夫婦二人で出かけるなら、S660よりもロードスターになりますわな…。ロードスターであれば1.5Lでそれなりのパワーもありますし、S660よりも車格が大きいので乗り心地もいいし、幌の開閉も簡単。S660からの乗り換えには最適な気がします。, ということで、S660の乗り換えの原因になる不満点をまとめてみました。一人で走りを楽しむのであれば我慢もできる不満点ではありますが、二人で乗る機会が多いとS660は厳しいかもしれませんね。そういう方は、S660と比べると車両価格も維持費も高いのは気になるところではありますが、やはりロードスターが無難だと思います。でも不満を感じ続けながら乗るよりはいいんじゃないかと思います!. 薄々気がついていたが、s660の最大の弱点はマニュアルミッションだと思っている。 1ヶ月初回点検時にミッションオイルを交換してもらったが、その容量が1.3lとかなり少ない。 軽自動車ではじめての6速ミッションというのも、特徴であり弱点でもある。