table1 ---------------------------------------- エラーとなってしまいます。 *******************   USER_TBL ut, If you wish to opt out, please close your SlideShare account. 【PostgreSQL】IN vs EXISTS vs JOIN、結局どれが速いの?, 【PostgreSQL】大量データの投入にgenerate_series()関数の使用をおススメする…, Node.js+フレームワーク「Express」構成でのWEBサービスでコンテンツのgzip配信を独自実装した件について, 【Python×TwitterAPI】Twitterクライアント作成までの道【APIで遊ぶ編】. ウィンドウ関数を使うことでスッキリとしたSQL文を記述することができます。, ウィンドウ関数は、サブクエリを使っているが、「相関」サブクエリではないためサブクエリ単体で実行することができる。 Name, If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. CASE式はSELECT句で集約関数の中にも外にも書けたりと自由度が高いのでうまく扱えるようになりたいと思います。, EXISTSは複数行を一単位と見なした条件を記述することができ、相関サブクエリを利用するにもかかわらずパフォーマンスが優れているという特徴があります。 update table set A=5,B=10 where id=15; (悪い例) 是非参考にしてみて下さい。 気を付けている点(割と簡単ですが効果的な書き方)をご紹介します。       ct.USER_NO パフォーマンスも可読性もよいことが分かったので学習を進めてみたいと思いました。, いかがだったでしょうか。もし私と同じように、SQLのパフォーマンスを向上するにはどうすればよいか、何を使えば分からないという方の学習のきっかけになれば幸いです。 WHERE Kyouka = '国語'   USER_TBL ut inner join XXX as B on A.区分 = B.区分 and A.年月 = B.年月 ご教授下さい。   ut.USER_NO = ct.USER_NO A   200412  600 山田, 数学, 65, 10004 なお、他の方も指摘されている通り、Kyoukaカラムにもインデックスを張ったほうが良いと思います。, 教科中の順位とその教科のレコード数を1回で取得するなら、下記の様にSELECT句内のサブクエリを一つ追加すれば良いだけです。 FROM まずは、相関サブクエリです。, ポイントとしては、「s1.shohin_bunrui = s2.shohin_bunrui」というs1集合とs2集合に対するバインド条件です。これにより、2つのテーブルの商品分類を同じレコード集合に限定して、その集合の平均単価と各レコードの単価を1行ずつ比較しています。, こちらの挙動としては、まずサブクエリのウィンドウ関数で商品分類ごとの平均単価(avg_tanka)を計算しています。, あとは各行で「tanka > avg_tanka」という条件で簡単に平均単価と単価の比較が行えます。 こんにちは。新卒3年目になりましたtaku_76です。 Learn more. select * from 表名   それはうまくいっているみたいです  例えば、複数回行われるミーティングと出席者を記録しておくテーブルがあるとします。, 今回はこのテーブルから「出席しなかった社員」を求めます。 カラムIDはPRIMARYを指定しています。     WHERE 杉田, 英語, 96, 10006 FROM  3.データの検索と取得を行います。, SQLを複数回発行すると、この一連の流れを複数回実行することになります。 鈴木, 国語, 71, 10002 update table set A=9,B=99 where id=7 これはディスクへのアクセスを減らすことを目的とした手法の一つです。, まず最初に考えることは「極力SQLの数を減らすこと」です。 *******************   ut.USER_NAME from a SELECT COUNT(*) FROM table1 WHERE Kyouka='国語'; SELECT NOT EXISTS句は条件に一致するレコードが1件でも存在すればそこで終了する為、 WHERE 列1 = '◎' AND 列2 = '◎' 2017/9/7 db tech showcase Tokyo 2017(JPOUG in 15 minutes)にて発表した内容です。 SQL大量発行に伴う処理遅延は、ミッションクリティカルシステムでありがちな性能問題のひとつです。 SQLをまとめて発行したり、処理の多重度を上げることができれば高速化可能です。です… テーブルXXXがありますその中の各フィールドは以下の通りです。 と、SQLを2回発行するよりも、 SELECT e.empno, e.ename, e.deptno, d.dname FROM emp e INNER JOIN dept d ON e.deptno = d.deptno WHERE e.empno=7900; と1回のSQLで取得すべきです。 それは何故でしょうか。 SQLの発行に際して、データベースは大きく3つのステップでSQLを実行します。 現在下のようにwhileで複数レコードに対して、 Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved. C   200508  400 We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads.   COMPANY_TBL ct と、言うのがあるのですが、 DataReader を使い終えたら、Close メソッドを呼び出す必要があります。   ut.USER_NAME ④LIKEを使う時は検索する先頭文字を記述する 同一接続内で複数のSQLを発行することは出来ないのでしょうか? SELECT Name, "insert into 行先情報テーブル (社員ID, 行先, 帰社予定時刻, 備考)" & _ 鈴木, 国語, 71, 10002 (1) は、以下のようにして名前と順位を得る事が出来ました。 ブログを報告する. FROM 多分こんな形ではどうですか? 複数のクラブを掛け持ちしている社員は、メインのサークルを示すフラグ列にYESまたはNOの値が入ります。そうでない社員はNOが入ります。 IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席"), もうひとつの書き方は 1回、1回、sqlを発行して、更新しています。 AND Delphi2010+SQL SERVER 2005で開発しています。 update文で、 現在下のようにwhileで複数レコードに対して、 1回、1回、sqlを発行して、更新しています。 これを、一度のSQLの発行で処理できないものでしょうか? 更新テーブルは1つで、更新する項目も同じです。 思った以上に処理性能が上がる場合がありますので、 select * from a,b,c   USER_TBL, 同一接続内で複数のSQLを発行することは...続きを読む, #1です。 (SELECT COUNT(*) + 1 FROM table1 b WHERE b.Score > a.Score AND a.Kyouka = b.Kyouka) AS rank, Dim objSqlCmd As SqlCommand 避けて通れないのがSQLを利用したデータベースへの問い合わせです グループ化してしまうために、期待した値がひょうじされません。 update table set A=9,B=99 where id=7; WHERE 遅いsql(処理時間が長い)と実行回数の多いsqlの確認方法をお探しではありませんか? 本記事では、遅いsql(処理時間が長い)と実行回数の多いsqlの確認方法をまとめて紹介しております。ぜひ参考にし … お手数かけますが、どなたかご教授お願いいたします。, #2回答者です。 2017. ORDER BY Kyouka, Score DESC; FROM Name, データ量の少ない表を後ろに書く事によりデータ・ページへの ▼MSDN引用 カラムIDはPRIMARYを指定しています。 個人的に相関サブクエリは動作の理解が難しくあまり好んではいなかったのですが、ウィンドウ関数で同じことを表現することができ、 <検索対象データ> じゃあWhileで発行するのをやめたらどうですか? >片方をグループ化したあとに結合させようと思っています。 You can change your ad preferences anytime. Dim objDBTran As SqlTransaction 発行したsqlは翻訳されてから実行されますので、 複数の表がsql中に含まれる場合は、表の別名を使用し、 すべての列に接頭辞を付けることにより、解析時間が短縮されます。 (悪い例) select user_name, user_no from user_tbl, company_tbl where user_tbl.user_no =company_tbl. 具体例としては、例えば「ID=10001、教科=国語」を指定したときに、「山田、3人中1位」というような情報が得たいです。 ... どうしてよいか?判りません。 (良い例) (SELECT COUNT(*) + 1 FROM table1 b WHERE b.Score > a.Score AND a.Kyouka = b.Kyouka) AS rank, | メディアファイブ株式会社 運営. Bテーブル参照時に「この接続に関連付けられている DataReader が既に開いています。この DataReader を最初に閉じる必要があります。」の SELECT A.KEY,B.KEY, SQL大量発行処理を Name, Kyouka, Score, ID UPDATE 表A 1.Loopしながら900万回発行 2.LoopしながらSQL文をセミコロンで連結し、ある程度の件数をまとめて発行 ※Loop件数 > SQL発行回数. select B. A   200503  560 2つのテーブルを結合したいと思っていますが、 このウィンドウ関数の結果のよいところは、商品分類ごとの平均単価を計算しますが、この際、レコードを集約せずに元のテーブルに列として結果を追加するだけ、という情報保全性が働くところです。 また、上記の様に教科をサ...続きを読む, 宜しくお願いします。 一発でOKでした。 FROM table1 a INNER JOIN サイトマップ.    (SELECT 次のような商品の名前や価格を格納するテーブルを見てみます。, このshohinテーブルから、各商品分類について平均単価より高い商品を抽出してみます。(相関サブクエリで解く典型的な問題) Score, 一方、一つのSQLで複数の表を参照すると、構文解析からデータ検索までの処理が重たくなります。, 軽量なSQL実行の一連の流れを複数回行うか、SQLを複雑にして流れの一部を重たくするかのトレードオフなのですが、大抵の場合はSQLを複雑にしてでも、SQLの発行回数を減らした方が、全体の処理時間は短くなります。, それは、SQL発行のためのイニシャルコスト(SQLを実行するために最小限の使用リソース)よりも、解析や実行が速いということです。, 言い方を変えれば、分割されたSQLを一つのSQLにまとめたらかえって遅くなったら、それはSQLの書き方に問題がある、ということです。 ******************* 以下、ソース objSqlDRB = objSqlCmd.ExecuteReader() ←ここで、エラーとなってしまいます。 ---------------------------------------- left join c on (b.商品ID =c.商品ID) where a.商品ID =b.商品ID (+) and b.商品ID (+) =c.商品ID (+) 考え方としては、全員が出席したと仮定した場合の集合から、現実に出席した人を引き算することで求めます。, これでうまく抽出することができました。このようにEXISTS述語を使うことで存在「しない」データを抽出することができます。 としてみましたが、うまくいきませんでした。, ansi構文の趣旨からいえば、結合条件と絞り込み条件は分けて書くので・・ ,(SELECT KEY FROM TABLE_B AND EXISTS StrSQL_1 = _ (良い例) また、上記の様に教科をサブクエリ内の結合条件で絞り込んでやると、WHERE句の条件を変えるだけで色々な絞込みが可能です。 存在するデータに対して「○○という性質を満たす」という条件を設定するのではなく、そもそも「データが存在するかどうか」という、次数の1つ高い問題設定を行います。   USER_NO Command に出力パラメータや戻り値が含まれていても、DataReader が終了するまでは使用できません。 SELECT A   200503  560 DataReader の終了 更新テーブルは1つで、更新する項目も同じです。   ut.USER_NAME (UNIONでは結局クエリの発行回数は変わらないためパフォーマンスは同じ) SELECT shain_id, CASE WHEN COUNT(*) = 1 THEN MAX(circle_id) ELSE MAX(CASE WHEN main_circle_flag = 'YES' THEN circle_id ELSE NULL END) END AS main_circle FROM shain_circle GROUP BY shain_id ORDER BY shain_id; -- 結果 shain_id | main_circle -----+----- 1000 | 1 2000 | 3 3000 | 4 4000 | 5 5000 | 6 (5 行) ポイントとして … table1 これを、一度のSQLの発行で処理できないものでしょうか? ただ、少し言い換えると、「最低限やっておくべきチューニング」もあれば、「実際に本番稼働してみなければわからないチューニング」もあります。, まず、チューニングを行うにあたって、いろいろ覚えたり考えたりする前に、最も基本的な大原則ことが一つあります。 これをまとめたものを、CASE式を使えば1つのSQLで書くことができます。(UNIONでは結局クエリの発行回数は変わらないためパフォーマンスは同じ), ポイントとしては、「1つだけのサークルに所属しているのか、複数のサークルに所属しているのか」という条件分岐をCASE式で表現することです。 このテーブルで、「IDと教科」を指定したときに、以下の2つのデータ...続きを読む, 教科中の順位とその教科のレコード数を1回で取得するなら、下記の様にSELECT句内のサブクエリを一つ追加すれば良いだけです。 <前提条件> USER_NAME に索引が作成されているとします。 objSqlCmd = New SqlCommand("SELECT * FROM A_TABLE", objDBConnect) 山田, 英語, 63, 10007 と書くのが一般的でしょうね。, oracle8iを使用しています。 GROUP BY KEY) B (SELECT COUNT(*) + 1 FROM table1 b WHERE b.Score > a.Score and Kyouka='国語') AS rank ******************* と、SQLを2回発行するよりも、 SELECT e.empno, e.ename, e.deptno, d.dname FROM emp e INNER JOIN dept d ON e.deptno = d.deptno WHERE e.empno=7900; と1回のSQLで取得すべきです。 それは何故でしょうか。 SQLの発行に際して、データベースは大きく3つのステップでSQLを実行します。   COMPANY_TBL ct, * from (select 区分, max(年月) as 年月 from XXX group by 区分) As A ORDER BY Kyouka, Score DESC;     WHERE  objDBConnect.Open() (2) その教科のレコード数 ----------------------------- エラーとなってしまいます。 複数SQLを発行する場合、再度接続を行わなければならないのでしょうか? End While, お世話になります。 Kyouka, (実際には1レコードにその他項目があり、それらも取得します。) SELECT javaとOracleデータベースの組合せで開発をしています。javaから複数回クエリを実行する場合、それらをすべてjoinまたは副問合せして1回で実行した方がパフォーマンスは上がると思いますが、例えば、結合数が100個だとしても同じでしょうか?仮に500万レコードのテーブルを100個結合または副問 解りにくい質問でも理解していただき助かりました。, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 以下のようなテーブル table1 があります。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". FROM table1 a "values (7,'(変数1)','(変数2)','(変数3)')" そして、=やBETWEENなど1行を入力とする述語を「一階の述語」、EXISTSのように行の集合を入力する述語を「二階の述語」といいます。, 述語論理には、量化子という特別な述語が存在します。量化子とは以下の2つの文を書くための道具です。, EXISTS述語は、述語論理の存在量化子を実装したものです。ここで重要なことがあるのですが、SQLにはもう一方の全称量化子に対応する述語は導入されませんでした。 Dim objSqlDRB As SqlDataReader   NOT EXISTS If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. 年月が最大(最新)のデータを取得したいです。 PHP MYSQL の組み合わせで使っています WHERE ID='10001' Name, もしそうだとするとどのようにすればレコードを挿入するSQL文で変数を利用できるのかをおしえていただけないでしょうか, 文字列なんで、&で連結すればOKです。 ' 変数宣言   COMPANY_TBL ct COMMIT WHERE ID = '10001' (SELECT COUNT(*) FROM table1 c WHERE a.Kyouka = c.Kyouka) AS count update table set A=1,B=10 where id=75, ですか・・・。 # Oracle 10gに限られることもあるかもしれませんが悪しからず。。。 フルスキャンのNOT IN句より負荷は下がります。 登録・更新時の性能やインデックスのメンテナンスを考慮し、総合的に判断すべきです。, 2018-11-032019-02-19Oracle, PL/SQL, パフォーマンスOracle, SQL, パフォーマンス. 杉田, 英語, 96, 10006 下記のようなデータがあった場合、それぞれの区分毎に MySQL 4.1以前(サブクエリを使えない)なら、以下のような方法が考えられます。 トレースの取得. Scribd will begin operating the SlideShare business on December 1, 2020 c.count 片方をグループ化したあとに結合させようと思っています。 FROM もし1の形式を取っているのであれば、2の形式に変更するだけで劇的に改善すると思います。 Dim objSqlDRA As SqlDataReader 山田, 国語, 92, 10001 山田, 数学, 65, 10004 今回はSQLについての記事を書こうと思います。その経緯としては、業務でSQLを少し書くことはあったのですが、 要はFROM句にテーブル名ではなく、SELECT~GROUP BYを書く。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 SELECT そのため、可読性が高く動作も理解しやすい, 検証は割愛しますが、相関サブクエリもウィンドウ関数も、集合のカットとレコード単位のループという同じ機能を実現していると言えるので置き換えることができます。 Score, *******************   ut.USER_NO = ct.USER_NO; update table set A=5,B=10 where id=15 WHERE 表B.列1 = 表A.列1 B   200504  560 データベースのパフォーマンス・チューニングというと、難しい印象があるのかもしれません。, 「チューニングは難しいか」と問われると、正直一言では何とも答えられません。 山田, 英語, 63, 10007 Bテーブル参照時に「この接続に関連付けられている DataReader が既に開いています。この DataReader を最初に閉じる必要があります。」の ' データベース接続 田中, 英語, 76, 10008 しかし、全称量化子と存在量化子は片方が定義されていれば同値変形の規則がありますので、「すべての行が条件Pを満たす」という文を「条件Pを満たさない行が存在しない」と変換することで表現できます。これについてEXIST述語を使って書いていきます。, データベースからデータを検索する場合、一般的にはある条件を満たすものを抽出します。しかし、時にはテーブルに存在「しない」データを抽出する場合もあります。   USER_TBL ut 「Oracle Database + Java + Linux」環境における性能問題の調査手法 ~ミッションクリティカルシステムの現場から~ Part.1. Oracle SQLチューニング講座(1) Oracle SQLチューニング講座(1)-2. Oracle SQL パフォーマンス. ③NOT IN句よりもNOT EXISTS句を使用する AND 表B.列2 = 表A.列2 sqlのコーディング方法を統一して、キャッシュ上で共有されるようにしましょう。 下記4つのSQLは、処理内容は同じですが、それぞれ、メモリ上にキャッシュされ、再利用されません。   ct.USER_NO VB.NET2003とSQLServer2005にて開発を行っております。 Name, WHERE ごめんなさい。1接続に対して1つだけみたいです。 09. objSqlCmd = New SqlCommand("SELECT * FROM B_TABLE", objDBConnect) しかし、実際にはレコード数が大量にあり、頻繁にこの検索を実行する予定なので、負荷が心配です。 "insert into 行先情報テーブル (社員ID, 行先, 帰社予定時刻, 備考)" & _ **その中の一つのフィールドを取り出すのですが、   USER_TBL ut Oracle SQLチューニング講座(5) SQLトレースの解析.  2.実行計画を作成し、 SELECT * FROM ○○テーブル WHERE ○○=○○), 上記から分かるように、EXISTSは入力のレベルに特徴があります。述語論理では「入力のレベル」に応じて述語が分類されています。   ct.USER_NO 田中, 国語, 89, 10003 (SELECT COUNT(*) FROM table1 c WHERE a.Kyouka = c.Kyouka) AS count