ワードには、PCに保存した画像やインターネットでダウンロードした写真などをページに挿入する機能があります。その機能を利用して年賀状や名刺などに画像を挿入することも可能で、挿入した画像のサイズを変更したり、透明度を上げたりするなど様々な編集を加えることができます。, 本記事ではPC・インターネットの画像を挿入する方法(Windows/Mac)、年賀状・名刺に写真を挿入する方法、挿入した画像をページの枠いっぱいに拡大する方法、背景の画像を透かしのようにする方法、そして挿入した画像が表示されなくなった時の原因と対処法についてご説明します。, ①画像を挿入したい位置にカーソルを置き、②【挿入】タブ、③【画像】の順に選択します。, ①画像を挿入したい位置にカーソルを置き、②【挿入】タブ、③【オンライン画像】の順に選択します。, ①『検索したい画像の語句』を入力し、②【挿入したい画像】を選択します。③【挿入】ボタンを押します。, ①画像を挿入したい位置にカーソルを置き、②【挿入】タブ、③【写真】の順に選択します。, 写真を挿入できる年賀状のテンプレートはWeb上でダウンロードできますので、以下のリンクを参考にしてみてください。, ダウンロードが終わってファイルを開いたら、【「矢印が指している赤枠のダイアログボックス起動ツール」をダブルクリック】します。, 「図の挿入」ダイアログボックスが表示されました。①【年賀状に挿入したい画像】を選択し、②【挿入】ボタンを押します。, 写真を挿入できる名刺のテンプレートはWeb上でダウンロードできますので、以下のリンクを参考にしてみてください。, ダウンロードが終わってファイルを開いたら、【テンプレートの写真を全て選択】します。, 「図の挿入」ダイアログボックスが表示されました。①【名刺に挿入したい画像】を選択し、②【挿入】ボタンを押します。, ここでは挿入した画像をページの枠いっぱいに拡大する方法について説明します。最初に画像が挿入されたページを用意します。, ①【挿入した画像】を選択し、【右クリック】してコンテキストメニューを表示させます。次に、②【レイアウトの書式設定】を選択します。, 「レイアウト」ダイアログボックスが表示されました。①【文字列の折り返し】タブ、②【背面】の順に選択し、③【OK】ボタンを押します。, ここでは背景の画像を透かしのようにする手順について説明します。最初にページの枠いっぱいに画像が拡大されたページを用意します。, ①【背景の画像を左クリックで選択】し、②【図の形式】タブ、③【透明度】、④【図の透明度のオプション】の順に選択します。, 「図の書式設定」の右ナビゲーションが表示されました。「透明度」の【赤枠の上下のボタン】で透明度の割合を調節します。, アウトライン表示になっていると挿入した画像が表示されなくなります。試しに①【表示】タブ、②【アウトライン】の順に選択してみましょう。, アウトライン表示になり挿入した画像が表示されなくなりました。【アウトライン表示を閉じる】を押せば印刷レイアウトのモードに戻り挿入した画像が表示されます。, 下書き表示になっていると挿入した画像が表示されなくなります。試しに①【表示】タブ、②【下書き】の順に選択してみましょう。, 下書き表示になり挿入した画像が表示されなくなりました。【印刷レイアウト】を選択すれば印刷レイアウトのモードに戻り挿入した画像が表示されます。, スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい ~8割の社会人が見落とす資料作成のキホン. ワードで【画像を自由に配置する方法】を解説しています。画像を綺麗に配置すると、文書にムダがなくなり、印刷コストの節約もできます。記事内では、画像の配置を変更するのに必要な「文字列の折り返し」や、選べる7種類の配置について分かりやすく解説しています。 【ワードで差し込み印刷】金額にカンマをつけよう!「円」や「¥」を付ける方法も同時解説!, 早めに準備しよう!2021年の年賀状なら自宅で簡単注文の【挨拶状ドットコム】できまり!. ワードでpcに保存した画像やインターネットでダウンロードした写真などをページに挿入する方法を説明しています。挿入した画像をページの枠いっぱいに拡大したり、背景の画像を透かしのようにする方法も合わせてご紹介しています。

© One Leaf Studio since 2019 All rights reserved. 1、画面上部の【挿入】→【画像】をクリックします 2、証明写真の画像を選択し【挿入】をクリックします 3、【書式】をクリックします 4、【文字列の折り返し】内の【前面】をクリックします 5、画像の角にある〇をドラッグしてサイズを調整します ワードに画像を入れてみたけど、余白が大きくてきれいに配置できないなぁ、いい方法は無いかなぁ。, ワードに画像を挿入してそのまま動かそうとすると、思い通りに配置できなかったり、1枚しか挿入していないのにとても場所を取られたりしますよね。, 本記事をお読みいただくと、なぜ自由に動かせないのか、『文字列の折り返し』という機能で自由に動かす方法、配置の種類などについて知り、身に付けることが出来ます。, ※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:Word2016』を使用しています。, ワードに挿入した画像の配置を自由に動かすには、『文字列の折り返し』から操作する必要があります。, 挿入したばかりの画像は1文字として扱われるため、ドラッグ操作しても各段落のどこかにしか移動できません。, ↑『文字列の折り返し』という機能を使うと、画像を余白をなるべく作らずに挿入できるようになります。, ↑画像の上にテキストを表示できるようになります、設定したあとはマウスでドラッグして自由に配置できます。, 今回紹介するワードの機能について簡単に知っていただいたところで、以下から手順を解説します。, ↑配置を変えたい画像をクリックすると、右上に『レイアウトオプション』というアイコンが表示されるので押してください。, 挿入した直後は『行内』になっています。 以下からそれぞれを選ぶとどうなるのか、ということを解説します。, ↑「どの段落の、どの位置に配置するか」というかたちで場所を決めるのが『行内』です。, 挿入後は行内にデフォルトで設定されていて、画像を1行の中に収めるので相当の余白ができてしまいますね。, ↑『四角』を選ぶと文字が四角を描くように画像を囲み、ドラッグして好きなところに配置ができるようになります。, 名前が違いますが『外周』と『狭く』は同じ機能です。(本記事ではWord2016を使用しており「狭く」になっています。), ↑挿入後の見た目は外周(狭く)と同じですが、『内部』を選ぶと画像の空白に文字を入り込ませることができます。, 文字を空白に入り込ませるには「折り返し点を編集する」という作業が必要なので手順を解説します。, ↑画像を選択すると、図ツールの『書式』タブが現れますの押して、『文字列の折り返し』を選択しましょう。, 折り返し点の編集は「外周(狭く)」と「内部」で出来るけど、こんな風に文字を空間に入れられるのは「内部」だけだよ!, 今回は画像の配置について紹介しましたが、ワードでは画像だけでなく文章も好きな位置に送り込ませることもできます。, 新聞紙のように文書をフルに使って、コピー代の削減などにつなげられる【段組み】という機能です、詳しくはこちら≫ワードの文書を【段組み】して読みやすくしよう!で手順を解説しています。, しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。, さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。, そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。, ワードの使い方について 初心者から上級者までわかりやすく解説しています。 ワードについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントからご質問ください。.